アンアンからニュースを配信します!

色気半減させない! 食い込み&ハミ肉を防ぐ下着の選び方

2017.3.1
意中の彼を“ランジェリー”で虜にする方法について、ランジェリーアドバイザー石川智恵さんにお話を伺いました。
2043_P034-039_3種2

意中の彼を“ランジェリー”で虜にする方法について、ランジェリーアドバイザー石川智恵さんにお話を伺いました。

ファーストステップは淡い白でピュアさを演出。

第一印象の人気が高いのは圧倒的に白。「特にアラサー男性は白が好きですね。清潔感が抜群でファーストステップには間違いない。白だとカッティングで攻めたとしても、エロではなく官能になります。白こそ上質なものを選んでほしいですし、普段使いとは違う“特別な日の白”が一枚あるといいですね」(石川さん/以下同)

2043_P034-039_3種3

サイズ感を間違えず、食い込みを防止。

食い込み&ハミ肉は色気が半減! 「カップと胸に段差がある、ワイヤーがあたる等、少しでも違和感があればNGです。アンダーが72だからとアンダー70のブラを買う人もいますが、呼吸が深かったり肺活量が多い場合は75が正解かもしれない。一番よいのは、同じ売り場に通い、自分のサイズを熟知する店員さんを作ることですね」

総レースでカラダのコンプレックスをぬぐう。

ストレッチが利いた総レースのブラ&ショーツがシルエットをきれいにする。「総レースのメリットは、ゴムのしめつけがなく優しくカラダのラインに沿ってくれること。お肉がハミ出さないので、ぽっちゃり体型の人でも安心です。総レースのショーツは、パンツルックの際、外にひびかないので、キレイな着こなしにも役立ちます」

2043_P034-039_3種4

全部外さず、相手に隙をつくる。

一気にランジェリーを外すのはもったいない! 「男性にリサーチすると、みなさんどこか残したままというのがけっこう好き。アンダーは外すけれど肩紐は外さない、逆に肩紐だけズラすなど、そんな時間が燃えるみたいです。自分から完全に脱いでしまわないこと。段階を経て脱ぐと、ストーリーのあるセックスができるのでは?」

石川智恵さん ランジェリーアドバイザー。大手インポートランジェリーの輸入商社を経て、現在はポーランドのランジェリーを輸入する会社に勤務。売り場から買い付けまでを経験しランジェリーに精通。女性誌でコラム連載も持つ。

※『anan』2017年3月8日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・中根美和子 イラスト・たなかみさき 取材、文・大石智子

(by anan編集部)

【人気記事】
なるべくマウスを使わない! “事務作業”能率アップ技
SNSも影響? 今どきの“習い事”で人気1位はやっぱり…
【フォロワー17万人】はるかぜちゃん15歳「いつでもやめられる」