アンアンからニュースを配信します!

母の日以上に悩む「父の日」のプレゼント マンネリ打破には…?

2020.5.30
毎年巡ってくる、母の日や父の日。スルーするわけにもいかないけれど、かといって毎回お花ではなんだか適当な感じが…。ギフトコンシェルジュの真野知子さんと雑貨コーディネーターのオモムロニ。さんに話を聞きました。

団らんのひとときや花のオブジェ。脱マンネリで、感謝を伝える。

Gift

「花なら種類を変えたり、花モチーフのオブジェにすると目新しい贈りものに」(オモムロニ。さん)

「旅行や食事など、モノではなく思い出に残る時間を贈るのも一案です」(真野さん)

面と向かって「ありがとう」とはなかなか言えないのが家族。いつもとはちょっと違う贈りもので、日頃の感謝を伝えよう。

母の日にぴったりの、花をモチーフにしたアイテム。

母の日には花束。そう決めている人も多いようだけれど、

「たまには目先を変えて、生花ではなく花をモチーフにしたアイテムはどうでしょう」

と、オモムロニ。さん。

「たとえば乾燥させた花を閉じ込めたアクリルキューブのオブジェやキャンドル、花を精細にかたどったブローチなど。あるいはお湯に入れると花びらが開くハーブティーを、ガラスのティーポットなどとともに贈るのも素敵です」

来年の母の日に、ぜひ。

家族で共有できる、“おいしい時間”をお取り寄せ。

14

「母の日以上に何をあげたらいいか悩む声が多いですね」と、真野さんが言うのが父の日のギフト。

「普段は忙しくて話す時間も少ない父親に、今年はおいしいものを取り寄せて、家族一緒に食べるという“イベント”を贈るのはどうでしょう。たとえば上質なハムのセットやブランド肉の詰め合わせなど、母親にも喜んでもらえるものを選ぶのがポイントです」 

あるいは、夫婦で使える食事券や旅行券などもおすすめ。

「日常の中にちょっとだけ彩りを添えられる、そんな経験ができるものをプレゼントしましょう」

氷室豚のセット。しゃぶしゃぶ&ステーキ詰合せ(14日熟成&30日熟成)¥10,000(クリマ TEL:0270・32・0637)

真野知子さん ギフトコンシェルジュとしてさまざまなシーンでの贈りものを選定。本誌連載「Food news」を月1回担当するほか、TV、ラジオなどで情報を発信。

オモムロニ。さん 雑貨コーディネーター。雑誌などで雑貨やギフトのセレクトを手がけ、連載も多数。著書に『DAILY GIFT BOOK 気持ちが伝わる贈りものアイデア』(文藝春秋)。

※『anan』2020年6月3日号より。イラスト・itabamoe 取材、文・新田草子

(by anan編集部)