アンアンからニュースを配信します!

食べちゃダメと思いつつ…20~30代女子が語る“おやつ”の魅力

2020.2.9
anan読者200人超で作る「anan総研」の意識&行動リサーチ。今回のお題は「おやつ」です。「美味しいけど、罪悪感が…。みんな、おやつって食べてる?」について、anan総研メンバーたちが語ります!
souken

Q. あなた「おやつ」を食べますか?
毎日…69%、2~3日に1度…28%、週に1度以下…3%

おやつを食べると、心が満たされるかも。

長桶絵莉加:毎日おやつを食べる人が7割もいたね~。

新井まる:意外と少ないと思っちゃった(笑)。だって、おやつって欠かせないものじゃない?

近藤えりこ:わかる! 絶対に食べないっていう強い意志がない限りは、どうしても食べちゃうし。

長桶:うんうん。ストレス発散や仕事のモチベーションにつながったりもするもんね。

近藤:ただ、仕事が深夜まで終わらなくて、小腹を満たすために食べてしまうおやつは、女子にとっての大敵…。

新井:「食べちゃダメ」って思いつつ、どうしてもね。

長桶:私はフリーランスだから深夜に仕事をすることもあるんだけど、そうなるとおやつの時間帯も遅くなるの。でも、我慢してストレスを溜めるよりも、食べちゃうほうがマシかなって。

新井:ストレスはよくないからね。でも、太っちゃうんだよ…。

近藤:そうそう。だから、遅い時間に食べるときは、なるべく量を調節してるんだけど。

長桶:私はその分、エクササイズしてるよ。最近はボルダリングにハマってるんだ!

近藤:それでリセットするんだね。私はせいぜい犬の散歩をするくらいかなぁ。

新井:それでも立派だよ! 私、なんにもしてないもん。

長桶:本当にやばいと思ったら自然と対策するようになるから、心配しなくても大丈夫だよ!

近藤:そもそも、ふたりはどんなおやつが好き?

新井:お煎餅とかスナック菓子も食べるけど、チョコレート全般がお気に入りかも。

近藤:あ、私も! 特にビターなチョコが好きなんだ。

長桶:私もチョコは食べるけど、やっぱりポテチもいい…。食べすぎるとニキビができちゃうこともあるんだけど、やめられないんだよな~。特に生理のときに食べたくなるの。メンタル的なものも関係してるのかな。

新井:それはあるかもね。お気に入りのおやつを食べてるときって、心が満たされるような気がする。目立たないけど、絶対に欠かせないものなんだと思う。

近藤:そうだね。太っちゃうとか、肌が荒れるとか、デメリットもあるんだけど、ストレスを溜め込んでしまうよりは思い切って食べちゃうほうがいいと思う! …って信じてる(笑)。

新井:ついつい言い訳しながら食べちゃうんだよね(笑)。

長桶:もうすぐバレンタインだし、自分のためのおやつ探しがはかどりそう! 楽しみ!

新井:悩ましい季節だ~!

長桶絵莉加さん anan総研No.309。29歳・ライター。

新井まるさん anan総研No.010。33歳・会社経営。

近藤えりこさん anan総研No.019。36歳・アーティスト。

anan読者200人超で作る「anan総研」。アンケートや体験取材に積極的に参加して、誌面やサイト、Facebookで活躍しています。
https://magazineworld.jp/anan/
https://www.facebook.com/anansoken
https://ananweb.jp/soken/

※『anan』2020年2月12日号より。文・五十嵐 大 Getty Images/EyeEm

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

15秒でプロ脱帽のネイルアート!? いまなら無料で体験!