アンアンからニュースを配信します!

アイデアを出すには「4つの行動習慣」を! おにぎりを買う時も…

2019.7.26
アイデアをためるための4つの行動習慣を、発想法のプロ・加藤昌治さんが教えてくれました。

【アイデアをためるための4つの行動習慣。】
アイデアを“ギブ”できる人になるには、自分の中にアイデアの素になる体験や知識を蓄積し、忘れないように活性化させておくことがカギに。自分というアイデア銀行にどんどん“ギブ”できるアイデアを預金していくイメージだ。そのために起こすべき具体的な行動が、「ぶつかる」「思い出す」「押さえる」「ほる」の4つ。それらを意識して生活することで、新鮮なアイデア貯金は増えていくはず。そうしてたまったアイデアは、あなたの個性そのもの。直接的には仕事と関係なくても、要素を組み合わせることで関係性が生まれる。

5

ぶつかる

アイデアと出合える機会はいつでも、どこにでもある!

アイデアの素を増やす最初のステップは、情報素材に“偶然に”出合う=【ぶつかる】こと。

「コンビニで普段選ばない具のおにぎりを買ったり、駅までの道で注目する色を決め、その色の看板や車を探すなど、どんなシーンでも未知のモノにぶつかるチャンスはあります。日常から離れる旅やライブはアイデアの宝庫。少しでも『へえ!』と感じたことは、アイデアに繋がる可能性が大。すぐにメモしたり、自分にメールを送りためておきます。ネット検索では、興味のある分野や好きなことに限定されないよう意識を」(発想法のプロ・加藤昌治さん)。

具体的なアクション

  • ネットやSNSサーフィンをする。
  • TV、雑誌、新聞を見る、聞く、読む。
  • コンビニで初めてのモノを買ってみる。
  • 知らない人がいる集まりに参加する。
  • 旅やライブなど非日常体験をする。
  • 決めた色にだけ注目して街を歩いてみる。
6

思い出す

会話中の「そういえば…」で、アイデアを再活用。

人と話していて、すっかり忘れていた古いドラマのことを【思い出す】。誰かがカラオケで歌った懐メロに当時の記憶が呼び覚まされる…。

「そんなふうに、ぶつかって得たアイデアのリソースというのは、偶然の会話や出来事によってかき混ぜられると、忘れていたアイデアにアクセスしやすくなります。『そういえば』と思うことは、あなたの中のデータベースを活用すること。自分から積極的に、ぶつかって得た情報を誰かに『そういえばこの間~』と話してみるのも、人との会話からアイデアが広がっておすすめです」

具体的なアクション

  • 誰とでも気軽におしゃべりする。
  • 自分が得た情報を誰かに話してみる。
  • 懐メロ、昔の映画などに触れてみる。
  • 昔読んだ本を読み返す。
  • 好きだったことをネットで調べ直す。
  • SNSのタイムラインをさかのぼってみる。
7

押さえる

ネットなどで下調べしてアイデアを広げ、深める。

アイデアパーソンになるには、突破するべき課題を鋭く発見すること。

「課題発見力を磨くためには、全体像を自ら【押さえる】ことが必要。興味のあるテーマや人物、事柄にぶつかったり、思い出したら、ある程度調べてアイデアを広げ、深めましょう」。

ここは、あくまでアイデアをためていくための作業。企画に落とし込むところまで細かく調べなくても大丈夫!

「ネットが主なリサーチツールになると思いますが、情報がまとまっている入門書もとても便利。異なる著者の本を何冊か読み、情報源を分散させるとベターです」

具体的なアクション

  • インターネットで検索する。
  • 各SNSをチェックする。
  • さまざまな意見が集まる掲示板を覗く。
  • 自分の周辺にヒアリングしてみる。
  • テーマを扱った雑誌を流し読みする。
  • 異なる著者の入門書を数冊読む。
idea

ほる

好きな分野の専門性を高めて個性的なアイデアパーソンに!

アイデアの領域を横に広げる以外に、情報を縦軸にとことん【ほる】ことは、アイデアパーソンになるために欠かせない。

「ディープな知識を持つ分野があれば、他の人とは違う見方ができたり、強力な武器になります」。

ほる対象は、楽しみながらできる興味のある分野や趣味でOK。

「海外ドラマを例にとると、ランダムに多くの作品数を観るのは、押さえるにとどまります。そこで見つけたお気に入りの作品を何度もリピートして観たり、同じ監督や俳優の作品を網羅したり。それが【ほる】行為です」

具体的なアクション

  • テーマに関する専門書を10冊は読む。
  • そのテーマの業界誌を取り寄せてみる。
  • 記事検索データベースなどで記事を探す。
  • テーマに関するイベントや講演会に行く。
  • その道に詳しい人と意見交換する。
  • とことん趣味に没頭する。

かとう・まさはる 博報堂PR局シニアPRディレクター。マーケティングとマネジメントの両面から企画立案するプロ。著書に『考具』『アイデアはどこからやってくるのか』。

※『anan』2019年7月31日号より。イラスト・中根ゆたか 取材、文・小泉咲子

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

男が触れたくなる?「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法