アンアンからニュースを配信します!

主役のうっかりにツッコミ! 韓国版『ゴールデンスランバー』

2019.1.9
映画評論ユニット「お杉とB子」が今回おすすめするのは『ゴールデンスランバー』。

陰謀に巻き込まれた純朴青年の運命は!?

お杉とB子

お杉:伊坂幸太郎の小説を韓国でも映画化よ。日本版は、堺雅人主演でヒットしたね。アイドルを助けたことで一躍有名になっていた宅配ドライバーのゴヌが、次期大統領候補暗殺犯に仕立て上げられるの!

B子:本当はゴヌも殺されるはずだったのよ。でも、「誰も信じるな」と言い残した旧友ムヨルに救われ、ゴヌの決死の逃亡が始まります。

お杉:ある組織の陰謀に巻き込まれたゴヌの運命やいかに! 見ればすぐ、組織の正体はわかるんだけど、ここでは言えないわー!

B子:次々と刺客がやってきて、大切な人たちにも危害が及ぶ。

お杉:監視カメラがあるから潔白が証明されると思うじゃない? ところが、組織は逆手にとる! 恐ろしいわ。いったん陰謀のターゲットにされたら一般人は生き延びられない。

B子:とはいえ、ゴヌはそこそこ有名人。ほんとの一般人を選んだほうが組織の計画がスムーズに進んだと思わない?

お杉:そうなのよ。逆襲するつもりで悲劇を招くゴヌのうかつさにも、ツッコまずにいられない(笑)。

B子:それでも憎めないのは、カン・ドンウォンが演じるからこそ。ゴヌの人の良さを体現する彼に惚れぼれするよ。

お杉:かと思えば、真逆の顔も佇まいだけで表現しちゃう。うっとり~。

B子:ええっ! ハラハラドキドキでしょ!? だって、命からがら逃げなきゃいけないんだよ。

お杉:カン・ドンウォンがキュートで、ドキドキします! 純粋すぎて善良で、強面のおじさんさえもほだされちゃうんだもの。日本版とディテールも違うから、もちろんサスペンスフルな展開にもハラハラよ。

B子:原作読んでいる人も絶対に楽しめると思う。3作品の違いを比較する見方もお薦めよ。

お杉とB子

『ゴールデンスランバー』 監督・脚本/ノ・ドンソク 出演/カン・ドンウォン、ハン・ヒョジュ、キム・ソンギュン、ユン・ゲサンほか 1月12日よりシネマート新宿ほか全国順次公開。

『ライ麦畑の反逆児』(1月18日公開)。いろいろあるけど、ケヴィン・スペイシーってお芝居うまいなとしみじみ思う。(お杉)『クリード 炎の宿敵』(1月11日公開)には、S・スタローンの元妻や親友が出演。人間力のある人なんだな~と感心。(B子)

※『anan』2019年1月16日号より。©2018 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA, ALL RIGHTS RESERVED

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

お肉×ビール、それから私…! 愛が高まる「冬のおうちごはん」レシピ