アンアンからニュースを配信します!

61.6kg→49.4kgに! 佐藤仁美、ダイエットの舞台裏

2018.6.6
ライザップの3か月ダイエットに挑戦し、美しく痩せたと話題の佐藤仁美さん。12.2kgの減量に成功したプロセスから、佐藤さんの人柄に合わせたプログラム内容、厳しいダイエット中のモチベーションのあり方まで、その舞台裏を伺いました。
佐藤仁美

「痩せただけで、こんなに反響があるなんてびっくり。中身は全然変わってないんですけどね(笑)」

10代からドラマや映画で活躍する実力派女優でありながら、お酒とオカマバーが大好きと公言するなどオープンなキャラで愛される佐藤仁美さん。昨年放送の朝ドラ『ひよっこ』では、ふくよかな姿で親しみあふれる“高ちゃん”を好演していただけに、美しく痩せた姿で登場した時には驚いた。

「25歳頃から太りはじめ、30代でお腹まわりの脂肪が増加。衣装のウエストはゴムになり、体重は過去最大の61.6kgに。ダイエットを決めたのはそんな時。週2~3回の筋トレや有酸素運動と低糖質の食事を3か月続けました」

運動経験ゼロだった佐藤さん、苦労したのは意外にも食事面だ。

「低糖質の食事をと言われても、最初は食べちゃダメなものがわからなくて。まさか根菜や、みりん、料理酒の調味料もダメだとは。お米はあまり好きじゃなかったから助かったけど、大好きなパンが食べられないのは辛かったですね」

佐藤仁美

大好物のお酒を断つのも、さぞ大変だったろうと思いきや…。

「食事制限に加えてお酒もダメだなんて耐えられなくて、実はこっそり飲んでたんです(笑)。でも体重が停滞してきて、カミングアウトしました。そうしたら、私の場合はストレスが一番痩せにくいというトレーナーの意見で、週2~3回ならお酒を飲んでいいことに。糖質の少ないハイボールとウォッカでストレス発散していました」

1か月半後には自然と早寝早起きや散歩をするようになるなど、意識の変化も生まれてきた。

「1回は逃げてもいいと思ってたけど、結局最後までくじけなかったですね。トレーナーが親身になって、私に適した指導をしてくれたおかげでもあります。結果、体重も49.4kgまで落とせました。今は、この痩せた私にどんな役がもらえるのか、楽しみなんです」

さとう・ひとみ 1979年10月10日生まれ。’95年、ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、同年女優デビュー。スリムになり現在ドラマ、バラエティ、舞台で注目を集めている。

ブラレット¥6,800(CALVIN KLEIN UNDERWEAR/カルバン・クライン カスタマーサービス TEL:0120・657・889) スカートはスタイリスト私物

※『anan』2018年6月13日号より。写真・中村和孝(まきうらオフィス) スタイリスト・西脇智代 ヘア&メイク・藤田響子 インタビュー、文・若山あや

(by anan編集部)

#ダイエット記事をもっと読む。
#タレント記事をさらにチェック!
エグい「女のあざとアピール力」…『バチェラー・ジャパン2』で婚活スキルがUPする4つの理由って?