アンアンからニュースを配信します!

太宰治が通ったあのバーも 『文スト』の文豪オマージュが気になる!!

2017.12.3
2016年にTV アニメが2 クールにわたって放送され、大ブレイクした『文豪ストレイドッグス』。今後さらに盛り上がること間違いなし、の『文スト』。未見の人も楽しめる、魅力をたっぷりとご紹介!

実在した文豪の逸話が、元ネタになっている。

文豪ストレイドッグス

登場人物のほとんどは文豪の名前を持ち、文豪の作品にまつわる“異能力”を持つ。例えば国木田独歩は、手帳に書いた言葉を実現化するという異能力を持っているのだが、これは国木田が「事実を美化せず、そのままに表す」という自然主義文学の先駆者だったことにヒントを得ている。また第13話で太宰が旧友の織田作之助、坂口安吾とバー『ルパン』で酒を飲み交わすシーンがあり、これも実話のオマージュ。文学的側面からも楽しめる作品だ。

リアルな横浜で魅せるアクション。

bungo1

物語の舞台は〈ヨコハマ〉。これはもちろん、神奈川県の県庁所在地・横浜がモデルだ。敦たちが所属する〈武装探偵社〉と、芥川らの〈ポートマフィア〉、そして第2シーズンでは、北米の異能力集団である組合(ギルド)も加わり、3社がヨコハマの地で戦火を交えた。美しい作画で描かれる現代の横浜の街並みを模した空間は、とてもリアル。そこで繰り広げられる激しいアクションシーンから、目が離せない! ロケ地巡りをするファンも多数。

原作者である朝霧カフカ、春河35全面協力による、完全新作ストーリーとして、劇場アニメが来年3月3日(土)より公開! メインキャストはもちろん、監督・五十嵐卓哉、脚本・榎戸洋司、音響監督・若林和弘ら、TVアニメのスタッフが再集合。今度はいったい、どんな戦いやミステリーが綴られる? 詳細は公式サイト(bungo-stray-dogs.jp)で!

(C)2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会 (C)2018 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグスDA製作委員会

※『anan』2017年12月6日号より。取材、文・河野友紀

(by anan編集部)

【人気記事】
いい女は寝る前にアレを枕元に置く!? 横澤夏子が解説


7days ?Challenge で実感! 目に負担がかからない“軽やか瞳ライフ”をはじめよう!