“ジュポジュポ”と咥えながら… 彼が乱れまくった「彼女の焦らしHテク」4つ

文・塚田牧夫 — — Page 1/2
誰かを好きになったとき、すんなりと付き合うよりも、何か障害があったほうが燃えることもあるでしょう。それと同じで、エッチにも焦らしがあったほうが興奮度を高められることも。そこで今回は、思わず乱れてしまった“彼女の焦らしエッチテク”について男性たちに聞いてみました。参考にどうぞ!

徹底的な指舐め

「以前付き合っていた彼女は、僕の手が好きだとよく言っていました。そのせいか、エッチのときに僕の手をやたらと舐めてくるんです。

舌を這わせたり、唇でついばんだり、指を咥えて出し入れをしたり。“ジュポジュポ”というイヤらしい音を鳴らしながら咥えているのを見て、早くアソコを舐めて欲しくて仕方なかったです」タカマサ(仮名)/31歳

指を徹底的に舐めることで、相手の妄想を掻き立てているんですね。指でこれだけ気持ちいいのだから、アソコを舐められたらどれほどなのだろうと、彼は想像を膨らませたのでしょう。

下着の上から触り続ける

「飲み会で知り合った女性と、後日2人で会いホテルに行ったんですね。その女性はかなり積極的で、ホテルに入るやいなや僕の服を脱がせてきて、パンツの上からアソコを触ってきたんです。

しかも、ずっと触っているんです。指で揉んだりなぞったり…。そのせいで、パンツのなかはもうギンギンのグチョグチョ。“いっそ出しちゃってよ……”と心のなかで叫んでいました」ナオタ(仮名)/28歳

直接触って欲しいのに、なかなか触ってもらえないことで欲求が膨れ上がっていったのでしょう。たった1枚の薄い布が間にあるだけですが、効果は絶大なようです。