まさに“バディ”な信頼関係。 猪狩蒼弥さん、作間龍斗さんが作るフォトストーリー【anan編集部リレー日誌】

2021.11.9
グループとして初の単独アリーナコンサート2DAYSを控え、勢い加速するHiHi Jetsから、今回は猪狩蒼弥さん、作間龍斗さんがバディグラビアに登場! 華やかでラグジュアリーなセットの中、一糸乱れぬコンビネーションを、余すところなく披露してくださいました。

同い年で、さらには同期でもある猪狩さんと作間さん。なんと誕生日も10日違いで運命…を感じますが、奇しくも撮影が行われたのは、二人が19歳の誕生日を迎える頃のこと。そんなタイミングであることから、「誕生日ケーキでお互いをお祝いする二人」という貴重なシチュエーションが実現しました! ホールケーキを一つずつご用意しお持ちすると「うわ〜ありがとうございます!」と猪狩さん。ターゲットが定まったようにケーキから目が離れなくなる作間さん。食べているところも撮らせてくださいとお願いし二人の様子を見ていると、猪狩さんはすぐに一気にたいらげる派。 作間さんは、「後で全部食べよ〜っと」と、好きなものは最後に残す派! と、タイプの違いが明確に。

出会いから現在までを伺った対談では、「信頼して任せられるパートナー」であると、お互いについてを語るお二人。残る2シーンは、“結託してミッションを優雅にこなすバディ”ものの映画のような雰囲気で。
色違いのつなぎを着用し、カーペットの上でアクセサリーを弄ぶシーンは、艶やかでまさに“美”そのもの。カメラマンさんが作間さんに「猪狩さんにもっと寄って寝てください」とお願いしたところ、「来な」(自分に体重を預けてもいいよという意味で)と優しく声をかける猪狩さん。ゼロ距離で長い時間を共に過ごしてきたからこその全幅の信頼関係を感じました。スーツのシーンでは「着替えながら位置を入れ替わったりしてみてください」のお願いに、パフォーマンスのフォーメーションのようにかぶりも無駄もない動きが、話し合いもないまま自然に繰り出される場面も。これにはスタッフ全員から「お〜〜〜!」と感嘆の声が上がりました。

特集は流行りモノを追った「トレンド大賞」。ちなみにHiHi Jetsの中では業界スタッフ風の言葉を掛け合うのが流行っているそうで、今回の撮影でも終始「間もなくー!」「はいケーキ入りま〜す!」などの声が各所で聞こえてきました。インタビューにはこの他にも、現在進行形で二人の中で流行っているモノ、コトの話がたくさん詰まっています。ぜひ本誌でチェックしてください。(F)

編集部リレー日誌

スーツを着込みソファにどかっと座る、スイッチが入った二人のオーラは息をのむほど圧巻でした!。


立ち読み、詳細はこちらから
https://magazineworld.jp/anan/anan-2274/

ananwebでも今週の記事を配信しています。
https://ananweb.jp/