ReN「結果も大事だけど、夢は追いかけることが重要」 3rdアルバムに込めた想い

2021.9.13
ReNさんによる、サードアルバム『ReNBRANDT』は、最新のUKサウンドのテイストが色濃くありながら、歌が際立ったアルバムだ。エド・シーランのレーベルに所属するメイジー・ピーターズを招いた「One Last Try(feat. Maisie Peters)」も収録されている。
music

「元々僕は10代の頃はスポーツ選手を目指していたっていうのもあって、選手たちを鼓舞する曲を作りたかったんです。そこで今は男性も女性も戦う時代であるので大好きなメイジー・ピーターズを招いて、男女のアンセムソングとして作りました」

不安や苦悩を越えて、明日に向かおうとする意志が歌われている曲だが、その不屈さはReNさんの楽曲に通底するメッセージだ。

「スポーツの世界にいた時は、一個一個積み木を重ねていって、それを俯瞰して『もっと頑張ろう』って思って進むことを生きがいにしてたんですけど、怪我をしてそれが崩れ去ってしまって。すごく苦しかったけど、そこで終わるのか未来に繋げられるかは、いま自分がどう動くか次第だなと思ったんです。音楽をやってる今でもその気持ちは強くありますね。昨日の自分より今の方が向上している実感を得ることがモチベーションに繋がるんです。僕、動いてなきゃ駄目なタイプなんですよね(笑)。他は前よりだいぶ大雑把になったんですけど」

アップテンポでエネルギーに溢れる「Teenage Dreamers」でも、目指すべきものをつかみ取るのは自分自身だと綴っている。

「僕は今27歳ですが、ずっと夢を追いかけていて、10代の時の感覚を未だに持ってるんですよね。10代の時の根拠のない自信ってすごく大事だなって。歳を取ると夢が妬みに変わってしまったり。そうなった時点でもう終わりだと僕は思ってるんです。結果も大事だけど、追いかけることがものすごく重要で。その気持ちを僕自身忘れたくないし、僕の音楽を聴いて一緒に歩んでくれる人たちにも忘れてほしくないって思ったので書いた曲です」

生きる原動力を曲にする作業はどういうものなのだろう。

「曲には自分が思っていることをちりばめることが絶対条件だと思ってるんです。それがないとどんなにメロディが美しくても曲として好きになれない。曲を聴いてくれる人と近い距離にいたいんです。もちろんヒット曲を出すことも嬉しいけど、聴いてくれる人と共存したい、そういう思いが一番なんです」

music

3rdアルバム『ReNBRANDT』。自身初のコラボレーション曲であるアシックスCMソング「One Last Try(feat. Maisie Peters)」、先行シングル「Laid back」を含む全11曲収録。¥2,970(Warner Music Japan)

ReN 1994年2月28日生まれ。10代でプロスポーツ選手を目指し渡英。20歳からシンガーソングライターの道を志す。2015年FUJI ROCK FESTIVAL出演。’16年1stアルバム『Lights』リリース。

※『anan』2021年9月15日号より。写真・小笠原真紀 取材、文・小松香里

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。