伊藤万理華、クリエイティブの原点は「乃木坂46の個人PVのおかげ」

2021.8.2
乃木坂46卒業生で、俳優で、クリエイター。ジャンルを超えて表現を続ける伊藤万理華さんがひそかに推す新たな才能とは? 次世代デザイナーの最新モードに身を包んだ個性あふれる表情も必見。

TELOPLAN

しなやかでいて凛々しい自分らしくいられる服。

2260 ito1

中国にルーツを持つLin Liが立ち上げた新ブランド。体に沿うラインにメンズライクな意匠を添えたバランスが絶妙。「赤はいま着たい色。アジアの民族っぽいデザインもいいな」
キャミワンピース¥33,000 スカート¥49,500(共にテーロプラン customer@teloplan.com) イヤカフ※2個セットで¥18,700(エテ TEL:0120・10・6616) リング、右手中指¥70,400 右手薬指¥162,800(共にジジ/ホワイトオフィス TEL:03・5545・5164) ノースリーブブラウス、ベルトはスタイリスト私物

PERMINUTE

オーバルの袖がアイコニックな流線型ワンピースドレスが人気。

2260 ito2

1992年生まれの半澤慶樹さんが作る立体裁断のドレスはブランドの要。「去年の個展でも服を作っていただいた大好きなブランド。おばあちゃんぽい柄と大胆な形が新鮮!」
ワンピース¥52,800(PERMINUTE info@perminute.net) リング[右手中指]¥16,500(SILVER SPOON TEL:0800・300・3330) ダブルリング[左手中指]¥12,100(エテ) ローファー¥31,900(ファビオ ルスコーニ) 共にレイビームス 新宿 TEL:03・5368・2192

ジャンルレスで創作意欲あふれる世代。私もその一人でいたい。

2260 ito3

「服が喜んでる!」。スタッフの歓喜の声を浴びながら、新進デザイナーの最新ルックを自由なポージングで表現してくれた伊藤万理華さん。服が好きで、アートや映像が好き。そんな伊藤さん、この夏はSF青春映画『サマーフィルムにのって』で、主演を務める。

「松本(壮史)監督と脚本の三浦(直之)さんに声をかけていただいたのが2018年。企画段階から参加して去年撮影を開始したものの春には自粛で撮影中断もあって…すごく不安でした。だから公開が『うれしい』っていう言葉の何倍もうれしい!」

伊藤さん扮する時代劇オタクの女子高生“ハダシ”と彼女の前に突然現れた不思議な青年が、仲間と一緒に時代劇映画作りに没頭していく。きらきらとして切ない、宝物のようなひと夏を描いた物語。松本監督のもと若手の演者が集まった“サマーフィルム組”と、劇中で時代劇制作に夢中になる“ハダシ組”。自分たちと役がリンクして結束感も自然と高まった。

「『いい作品にしようね…時代劇も!』なんて言いながら。でもその結束力がピークに達したとき撮影が中断して…。作中でもハダシが大きな壁に直面するシーンを撮っていたときだったので、そこでも現実と物語が重なりました。一瞬目の前が暗くなったけど最後まで撮り切りたい! そこからは私とハダシが一つになって、どっちがどっちかわからなくなりながら一気に駆け抜けたかんじです」

これだけ深く主人公に共感できたのも、伊藤さん自身が自分主導の個展を開くなど、作り手マインドを強く持った人だから。

「大事なのは『いいものを作りたい!』って熱量。そういう意味では同世代のキャストもみんな同じ気持ちでした。特に映画の中で一緒に時代劇を作る河合優実ちゃんと祷キララちゃん。私より5歳下だけど、彼女たちは映画との向き合い方が『演じよう』より『作ろう』なんです。将来は映画を撮るのかな? って雰囲気もあって。実際いまの時代、一人でも撮れるし、発信する場も動画配信とかいろいろ。そのせいか、同世代には創作意欲あふれる人が多い気がします。それとも周りに似た人が集まってきてるのかな?(笑)」

そういえば伊藤さんのルーツである乃木坂46一期生自体、クリエイティブな視点を持って自分を発信できる人が多いような…。

「それは乃木坂46の個人PVのおかげだと思います。自分の個性を出す映像作品を監督と二人三脚で考えることで『一緒に作る』感覚が芽生えたし、それがメンバー個々の輝ける場所にもなっていました。松本監督も当時(桜井)玲香ちゃんの個人PVを撮られた方。同じグループでモノづくりをして今度は映画を…。そういう再会が最高にうれしいです!」

松本監督とは放送中のドラマ『お耳に合いましたら。』でもタッグを組んでいる。ドラマ、映画でさらなる注目を浴びることは「正直怖い!」と苦笑しつつ、そこで新たに生まれるイメージも自分の魅力にして前に進むつもりだ。

「いままでクリエイター的に見られることが多かったけど、それだけが私じゃない。同世代にはお芝居、音楽と分野を超えて活躍している人が多いし、そういう生き方が普通になってきたのかな。私もその中の一人として、これからも活動の場を一つに決めず、走り続けていきたいです」

いとう・まりか 1996年2月20日生まれ、神奈川県出身。元乃木坂46一期生。主演映画『サマーフィルムにのって』が8月6日公開。ドラマ『お耳に合いましたら。』も好評放送中!

※『anan』2021年8月4日号より。写真・三吉杏奈(TRON) スタイリスト・コギソマナ(io) ヘア&メイク・北原 果(KiKi inc.) 取材、文・大澤千穂

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。