セカオワFukaseが菅田将暉に歌の共演オファー! “歪んだラブソング”を歌いたい?

2021.5.27
互いに才能を尊敬し合う、菅田将暉さんとSEKAI NO OWARIのFukaseさん。映画『キャラクター』で“芝居”というフィールドで初共演したふたりの、今と未来とは…。
fukase1

――初共演だそうですが、それぞれどんな印象をお持ちでしたか?

菅田:僕にとってFukaseさんは、ずっと見てきた、聴いてきたアーティストなんです。今回映画でご一緒する、しかもお芝居が初と伺って、単純に一表現者として、この方がお芝居をしたらどうなんだろう…と、ワクワクしました。撮影に入る前にライブを観に行って、楽屋で挨拶をさせてもらいました。そこで観たFukaseさんは、ステージの上とは全然違った人で。

Fukase:えー、どんな人でした? 僕。

菅田:とても大人で、優しくて…。

Fukase:(笑)。逆にどんな人だと思ってたんだ。

菅田:…あんまり話の通じない、もっと変わった人(笑)。

Fukase:アハハ。でもよく言われます、それ。「すげえ変なやつだと思ってた」って。どこでそんなイメージが付くんだか(笑)。

菅田:でもパフォーマンスしているときのFukaseさんは曲ごとにキャラが全然違っていて、そのプレイの仕方がちょっとお芝居に近いなって思ったんです。自分をどう見せたいか、というよりも、楽曲に合わせて自分を演出するような。

Fukase:確かにそういうところはあるかも。自分がどう、というよりは、楽曲に誠実に、忠実でありたい気持ちはあります。

菅田:やっぱり。この言葉が合っているかどうかはわからないんですが、その発想は、すごく役者っぽいと思いました。

Fukase:えー(笑)。

菅田:アーティストとしての強烈な個性を持ちながらも、そこをチェンジすることもできる。そんな人って、あんまりいないですよね。

Fukase:なるほど。確かにその意味ではあんまり話が合う人いないかも。ミュージシャンの友達が少ないのはそのせいか(笑)。

菅田:(笑)

Fukase:僕はちょうどこの話を頂いたとき、菅田くんのドラマ『3年A組』を見ていたときで、“この人と俺、対峙するのか? このドプロと?!”って。

菅田:ドプロって(笑)。

Fukase:最初は不安だったんですよ。怖いし、緊張するし、絶対照れるだろうなって。でも、ふたりが言葉を交わすシーンを初めて撮影したとき、菅田くんがもう、圧倒的に“山城圭吾。”になっていたから、これは照れたりせず、全力でぶつかることが俺のやることなんだと改めて自覚できたんです。あの駐車場のシーンは、大きなターニングポイントだった。

菅田:いや、それは僕も近いところがあって。山城は、両角という強烈な個性に出会い、刺激をもらい、魅了された結果、戻れないところに行ってしまった男で。僕にとってあの現場にいたFukaseさんも、そういう存在でした。Fukaseさんの存在を吸収することで、役が理解できたんです。

Fukase:それは僕もそうです。山城と言葉を交わしたことで足りなかった1ピースが埋まり、両角を掴めた。そこが理由かはわからないけれど、それ以前に撮っていたシーンで、いくつか撮り直したところもあります。

菅田:そうだったんですか…。

――エンターテインメント界の真ん中にいらっしゃるおふたりは、これからのエンタメの可能性について、思うことはありますか?

Fukase:実は、もしコロナがなかったら、この撮影時期、僕らドームツアー中だったんです。ドームで演奏して、殺人鬼やって、またドームで演奏して…。

菅田:想像するだけで大変そう。

Fukase:コロナでライブができなかったのはもちろんつらかったけれど、だからこそこの役に集中できた、という面もあって。クリエイターとしては、この時期に何をしていたかで、この先に作る作品の可能性が大きく変わってくるのでは、と思います。

菅田:僕は、仕事が解禁されたとき、止まっちゃいけないと思ってそこからずっと突っ走ってきたんですが、数か月でちょっと壁に当たってしまって…。なので僕はまだ、この先のエンタメについては考えがまとまっていなくて…。

Fukase:そうかー。あ、現場で僕が、「殺人鬼を演じながら、ラブソングを書かなきゃいけない」って話したの、覚えてる?

菅田:覚えてます。

Fukase:そのとき菅田くんが、「両角の、山城に対する感情と恋愛感情って似てません?」って言ったの。それに俺、ハッとして、その気持ちで歌詞を書いて出したら、「ちょっと歪みすぎてる…」って言われちゃって(笑)。

菅田:失礼しました(笑)。

Fukase:その歪みをカットして作ったのが「silent」。問題は何曲もできちゃった“歪んだラブソング”なんですが、菅田くん、いつか一緒に歌いません?

菅田:えー、なにそれー!! 嬉しいです。歪んだラブソングを生み出しちゃった責任、一緒に取らせてください(笑)。

Fukase:じゃあ手始めに、うちに遊びに来てください。ちなみに酔っ払うと俺、声がワントーン上がるキャラになるらしく、ちょっとそこが両角っぽいかも。

菅田:本当ですか(爆笑)。それ、ぜひ見に行きたいです。

すだ・まさき 1993年2月21日生まれ、大阪府出身。ドラマ『コントが始まる』に出演中。8月公開予定の主演映画『キネマの神様』の主題歌「うたかた歌」を、RADWIMPS feat.菅田将暉として担当することも話題に。

ミリタリーブルゾン¥132,000(コモリ/ワグ インク TEL:03・5791・1501) ヴィンテージカーディガン¥9,800(ペニーズ/アームス クロージング ストア祐天寺TEL:03・3793・5334) ヴィンテージパンツ¥16,500(ストリップス ストア TEL:03・6427・4529) ヴィンテージブーツ¥14,080(ポロ スポーツ/ゴッファX TEL:03・5411・8717) その他はスタイリスト私物

フカセ 1985年10月13日生まれ、東京都出身。SEKAI NO OWARIのボーカルを担当、作詞・作曲も手がける。デジタルシングル「バードマン」が配信中。7月7日にアルバム『scent of memory』が発売。

『キャラクター』 画力はあるが、悪人が描けずにくすぶる漫画家アシスタント・山城(菅田)は、殺人現場に遭遇し、殺人鬼・両角(Fukase)を目撃する。両角をキャラクターにした漫画で、山城は人気漫画家となるが、作品と酷似した殺人事件が次々と起こり…。6月11日公開。

※『anan』2021年6月2日号より。写真・玉村敬太 スタイリスト・猪塚慶太(菅田さん) 百瀬 豪(Fukaseさん) ヘア&メイク・AZUMA(M-rep by MONDO-artist/菅田さん) 江口洋樹(Fukaseさん) 取材、文・若山あや 撮影協力・バックグラウンズ ファクトリー

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。