岡崎体育が自分の性格を反省!? イライラがわいた時の対策とは?

2021.5.6
岡崎体育の連載「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「怒ること」です。
23

ミュージシャンは感性の仕事なので、感情の起伏も激しい方が多いイメージがあります。ここだけの話、楽屋などで大ゲンカをしているバンドの方たちに遭遇したことも多々あります。僕の場合は、仕事に対しては常に真剣ですが、気に入らないことがあって怒るということはほとんどありません。僕はソロアーティストなので、メンバー間でなにか揉めるとか、意見がぶつかるということもありませんし、スタッフに対してイライラをぶつける…というようなこともしないようにしています。スタッフの方々に、甘いものが食べたいとか、ホテルの部屋は“ウォシュレット”付きにしてほしいなど、甘えていろいろお願いしてしまうことはよくあると思います。でも周りから見て、岡崎体育めっちゃ偉そうにしてるやん、怒ってるやん…と見えるような言動は絶対しないようにしようと決めています。

とは言いつつも、実は僕って、めちゃくちゃイライラしがちな性格なんです。家族と小さなことでケンカをしてしまったり、車の運転で自分の思い通りにならないと悪態をついてしまったり…。10代のころからその傾向があり、30代に入り、小さなことで躓いてしまう自分のその性格が良くないなと思うようになりました。そこで、最近話題の“アンガーコントロール”をやってみようと、自分で決めたんです。でも“アンガーコントロール”といっても、そんなに大げさなことをしているわけではありません。自分は何に対して怒りやすいのか、怒っている自分を客観的に見てどう思うか、などを考えるようにして日々過ごしています。ちょっと怒ってしまうようなことがあったら、その怒りをむやみに掘り下げるのではなく、できるだけいったんストップして小休止をとるようにしています。やり方としては、もし誰かに対して怒ってしまったら、誰とも話さずにちょっと外に出てみるといいです。5分くらい散歩するイメージです。それをすることによってクールダウンができて、自分が何に怒っているのか、相手がいる場合は、相手はどういう考えだったのだろうと、落ち着いて考えることができます。僕の場合はそれをするとすごく楽になれるんです。自分の考えはこうだったけど、相手はこう思ったのかもしれない…と考えることができる。それでだいぶイライラしないで毎日を過ごせるようになったので、怒りっぽい方はぜひ試してみてください。

おかざきたいいく 『おはスタ』(テレビ東京系)火曜日にレギュラー出演中。5/26に約3年ぶりとなるコンセプトアルバム『OT WORKS Ⅱ』をリリースする。

※『anan』2021年5月5日-12日合併号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・村田真弓 文・梅原加奈

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。