『呪術廻戦』の魅力とは? カギとなる“9つのワード”を解説

2021.2.15
現代の東京を舞台に、呪いと呪術師の戦いを描く、週刊少年ジャンプ連載中の漫画『呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)』。少年漫画が原作ながら、大人をも魅了する本作の秘密を考察。

日常に潜む“異界”が怖い。

物語の舞台が現代であることも重要なファクターの一つ。“呪い”が存在していても呪術師以外は認知できないという設定だが、画面を通じて、異様で得体の知れない呪いが見慣れた街の風景や学校に登場するところが怖い。日常と地続きの世界に、とんでもない闇が待ち受けているかもしれない、そんなリアリティを感じさせる。

スタイリッシュな作画と演出。

都会的でおしゃれな雰囲気が全体を貫いている今作。特に、オープニングとエンディングテーマは、映像と音楽の一体感、完成度の高さから第1クールから大きな話題に。カメラワークや絵のタッチなどそれぞれに練り上げられていて、曲ごとにまるで違うテンションをまといながらも、作品の世界を立体的に浮かび上がらせている。

SEASON2 OPテーマ Who-ya Extended「VIVID VICE」

Anime

見る人の気分を盛り上げる疾走感のあるバンドサウンドに合わせて、キャラクターたちが戦いに向かう様やバトルシーンが描かれる。みんなの真剣な表情がグッとくる。

SEASON2 EDテーマ Co shu Nie「give it back」

16

呪術高専・東京校の生徒たちの日常をスマホのカメラで撮影したような、青春を感じさせる仕上がりに。美しいピアノから始まる楽曲も相まって、とにかくエモい…!

SEASON1のEDはもはやポップアート! ALI「LOST IN PARADISE feat. AKLO」

15

カラフルでおしゃれな世界が際立つ第1クールのEDテーマ。ヒップホップとファンクが混ざり合った音に合わせて踊る登場人物が映し出され、ハッピーな気持ちに。

設定が緻密でリアル。

作中には、普段、耳にすることのない特殊な用語や呼び名が飛び交っているが、そのディテールまでこだわった細やかな設定が、物語にリアリティと説得力を与えている。なかでも登場頻度の多い9つのキーワードを解説。覚えておくと、よりスムーズに作品を堪能できるはず。

【呪い】
のろい/辛酸・後悔・恥辱など人間が生み出す負の感情から誕生した怪物のようなもの。その姿形は千差万別で、日常の中に潜み、最悪の場合、人間を死へと追いやることも。呪いは呪いでしか祓えない。「呪霊」とも呼ばれている。

【呪術師】
じゅじゅつし/呪術で呪いを祓う人間のこと。使う術式は人によってさまざま。等級が存在し、圧倒的な力を持つ最上位は「特級」と呼ばれ、日本には五条を含めた数人のみ。一方、呪術を使い人に危害を与える人間を呪詛師という。

【術式】
じゅつしき/呪いを祓うために呪術師が使う技のこと。基本的に先天的なもので努力して会得することは不可能。呪いが負のエネルギーであるのに対し、正のエネルギーを術に流し込んで効果を反転させる技を「術式反転」という。

【呪物】
じゅぶつ/呪いが込められたモノのこと。特に呪いが強く危険なのが「特級呪物」で、虎杖が取り込んだ両面宿儺の指は、その中でも別格の存在。呪いを引き寄せ、呪霊を生み出すもととなるため、強力なものは厳重に保管されている。

【領域展開】
りょういきてんかい/呪力を流し込み、心の中を具現化して空間を構築すること。呪術師、呪霊の中でも一部しか使いこなせない。大きな呪力を消費するが、その中では領域展開をした術者の攻撃が必中するという最強の技。

【呪術高等専門学校】
じゅじゅつこうとうせんもんがっこう/呪術師を育成する4年制の教育機関で、東京校と京都校が存在する。私立の宗教系学校を装っている。卒業後も多くの呪術師が活動の拠点としており、任務の斡旋なども行っている。

【呪言師】
じゅごんし/呪いをのせた言葉を武器とし、攻撃をする人のこと。その一人が呪術高専2年の狗巻棘。呪言師の家系である狗巻家の末裔で、むやみに人を呪わないよう普段は「しゃけ」「おかか」などおにぎりの具のみで会話する。

【呪骸】
じゅがい/内側に呪いを宿した、自立可能な無生物のこと。人工的に作ることもでき、その場合は心臓となる「核」が存在する。下は東京都立呪術高等専門学校2年のパンダ先輩。感情を持って生まれてきた「突然変異呪骸」。

【御三家】
ごさんけ/呪術界で高い地位と権力を誇る3つの名門、禪院家、加茂家、五条家を指す。高専2年の禪院真希は御三家に生まれながら呪力を持たず、冷遇されていたため家出して東京校に入学。呪霊を見るために特殊な眼鏡をかけている。

『呪術廻戦』 驚異的な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、学友を“呪い”から救うため、特級呪物“両面宿儺の指”を喰らい自らの体に“呪い”を宿すが…。毎週金曜深夜1:25~、MBS/TBS系で放送中。NetflixやAmazonプライム・ビデオ、dTVなど多数のプラットフォームで配信中。©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

※『anan』2021年2月17日号より。文・重信 綾

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。