乙女座は「デキる女」を目指して! 蟹座、獅子座、乙女座“2021年上半期”の運勢

2020.12.11
蟹座、獅子座、乙女座の2021年上半期の運勢は? G・ダビデ研究所主宰のオフェリア・麗さんによる全体運をご紹介します。

【蟹座】鬼が出るか蛇が出るか、全ては身の為せる業。

5

感情コントロールがキモ。ネガティブな影を意識的にリリースして。

‘21年前半、幸運の光を放つ木星は、試練の星・土星とともにダークエリアを運行。これまでの果報や輝きは影を潜め、さながらロックダウンした街のように、あなたの周りから人波や賑わいが消えていきそう。心のトーンが落ちるにつれ、不可解な事件に巻き込まれたり、過去の苦い記憶がフラッシュバックしたり…、ネガティブな気を引き寄せやすいのが今期の一番の問題。不安やコンプレックスに囚われて、第二、第三の悲劇を招く可能性も否定できません。

そんな今期、欠かせないのは感情の整理とコントロール。マイナスな考えや連想はその場で直ちに打ち切る、場所を移動して気分を変えるなど、意識してリセットを。甘いものを食べる、ふわふわの毛布に包まれる、なんてお手軽な方法も意外に効果的。ただし1~4月は、チョコやお酒をはじめ刺激の強いものへの依存傾向が強まりがち。できるだけ無添加でナチュラルなものを選ぶのが鉄則。

5月以降、運気は急速に回復するものの、それはあくまでも一過性の好転反応。ツキ到来とばかりに突っ走ったが最後、大きなツケを抱え込み、にっちもさっちもいかない状況に追い込まれる心配が。ムリせず、1~2か月で達成可能な目標や計画に照準を。過去にやりかけて中途半端なままの課題をクリアするのは名案。ここでコンプリートすることで、本当の意味で次へステップアップできるはず。対人面は概してハードランディング。敵味方、旗色とも、容易に変わり得るものと肝に銘じ、心を預けすぎないことが防衛策に。高級下着は、女の自信と格を底上げ。

1月

新年早々スッタモンダしそう。周囲とのバトル、仕事のトラブル…、全ては意思疎通が不足しているせい。逃げずに話し合いを。福袋は小サイズに夢がいっぱい。

2月

低空飛行。運動不足と食べすぎが祟って激太り、孤独を愛しすぎて孤立など、自粛の反動が出がち。自分に幻滅する前に、殻の外へ。エクササイズ動画、オンラインサロンは、現状脱却をお助け。

3月

運気&ヤル気が復活! いきなり大きな山に挑むのでなく、確実に成果や結果を出せることをこなしつつ、スモールステップでゴールを目指して。つもり貯金も、チリも積もれば黒字の山に成長!

4月

一歩後退。新年度のどさくさに紛れ、蚊帳の外へ押し出される心配が。女子力低下もその一因。マナー、メイク、身だしなみともキッチリと。相談事は年上が頼り。

5月

期限付き幸運ターム。のんびり構えていては後れを取ります。SNSとリアルな仲間がツキを取り込む両輪に。予約は土曜が強運。

6月

かくれんぼモード。陰に隠れて、誰かが見つけてくれるのを待ちましょう。自ら売り込むより、そのほうが何事も先行き良好。体調UPには、公園通いを足繁く。

【獅子座】時の運と人の縁を手繰り寄せて紡ぐ新未来。

Fortune

手探り状態でも、果敢に前進あるのみ。5月中旬以降は警戒モードで。

幸運のマスターキーを握る木星は、転機と記された部屋の扉を開き、あなたを見知らぬ世界へ押し出します。放り込まれた先は、大勢の人が思い思いの方向へ行き交う運のスクランブル交差点。右も左もわからず、目指すアテや動くタイミングさえつかめずに、立ちすくむばかりかも。だからとて誰かが手を引いてくれるのを待っていては、星の恩恵は得られません。女王の座に生まれた獅子座らしく、決然と一歩を踏み出して。とりわけ従来のロードマップに載っていないルートは、プレシャスな未来への懸け橋。人生計画から仕事、日常のひとコマまで、選択や発想の参考に。真逆の価値観、独特の美学、異色の存在など、あなたのセンスにザワッとくる言葉で評される事・物・人も、開運ナビ。

また、天頂に居座る風雲児・天王星が、要所でちょっかいをかけてくるのも今期の特徴。成功間近で事態が突然暗転する、予想を裏切る結果が出るなど、良くも悪くもハプニングに見舞われがち。それは、一種のブービートラップ。いよいよ佳境という段階で一度立ち止まり、見落としや思い込みがないか、視点を変えて再検分を。リスク回避できて前進に拍車がかかるばかりか、チコンとヒントが浮かび、意外な可能性を探り当てて起死回生という目も大あり! 

5月中旬以降は、前途に霧が立ち込めてきそう。ここからしばらくは安全運転が鉄則。不安や迷いを感じたら、慎重を期す以前に踏みとどまる勇気を持つべきでしょう。花の香りのお茶やジェルは、緊張をほぐし、明るい息吹を注入。

1月

穏やかな幕開け。でも、水面下には火種や影が。特に労働事情と体調に油断は禁物。経過観察を怠らず、万一の手立ても講じておいて。転居・転職は貧するモト。

2月

星の大編成に伴い、リニューアルの波到来。我慢や言い訳だらけの人生、意に沿わない現状に、メスを入れるチャンスが巡ってきそう。自ら開拓に乗り出すも英断。投資&運用は分散型で壁越えへ。

3月

大事なことは目に見えない暗示。物事がうまくいかないのは、そこを押さえていないから。意義、信条、筋やこだわり…深い部分を酌んで対処すれば、驚きの結果に。勝負所では、核心を突いて技アリ。

4月

春風に乗って運気急浮上! ワクワクする出来事があなたを待っています。仕事、恋、腕試しと欲張って活動するほど、ラッキーの連鎖が続々と。宝くじも買い。

5月

どんよりモード。周囲の思惑や無茶振りに翻弄され、消耗しがち。沈黙は状況を悪化させる愚行。早めに牽制球や自己防衛策を。御朱印集め&玄米食は元気を応援。

6月

獅子座に火星が入り、独走状態。とはいえ、冷や水を浴びる恐れも。あえて譲る、退くという勝ちパターンもあることを学んでください。オフは、チルが粋。

【乙女座】目指すは世界に貢献するスーパーレディ!

Fortune

他者の笑顔で幸福に。人の役に立つため、自分磨きに励んで。

‘21年、ラッキースター・木星は修練の部屋で輝きを放ちます。そう、その心はズバリ「自己研鑽」。誰もが思わず尊敬の眼差しを向けるような「デキる女」を目指して、レベルアップに励んでください。

思い起こせば‘20年は、天の盟主が晩餐の卓を囲み、「あなたにとって生きる喜びとは何か?」と問いかけてくる配置でもありました。制限の多い状況下で、心から楽しめるコトやモノ、価値を感じる場所を探し出し、“命の輝き”が幸福の源泉と実感することこそテーマだったのです。しかし、これから求められるのは、自分ではなく他者の喜び。周囲の意向や要望に応えるべく、センスやスキルを磨き上げ、多くの人のためにそれらを役立てることがミッションに。

とはいえ、絶えず周りの様子に気を配り、空気を読んで動く日々は、やり甲斐よりストレスのほうが上回るかも。頑張ったのに感謝されるどころか不満タラタラで、モチベーションがダダ下がり…なんて展開がしばしば。ついついダメな自分を責めたり、苦労を酌んでくれない相手を恨んだりもしがち。そんなときは、「ペイフォワード」という言葉――善意と貢献の先出し精神が巡り巡って福をもたらす――を思い起こして。もともと乙女座は、社会参加意識が強く、物事がうまく回るようにサポートするのが得意なタイプ。生まれ持った特質を生かす意味でも、気働きに精を出して損はありません。誰かの笑顔や「ありがとう」の言葉は、あなたにとってこの上ないご褒美。それをたくさんもらえるように、日々精進を重ねて。

1月

華やぎムード。初日の出を見ながら乾杯、鮮やかカラーのファッションでリモート新年会や同窓会など、気分を上げて開運を引き寄せ。後半は体調の変動に注意。胃腸の不調や風邪には休養が一番。

2月

乱調。楽勝だと思ったことが大コケ、一発逆転の賭けは裏目に…なんて、散々かも。楽観は捨て、慎重に進んで。自室の掃除、模様替えは運気好転のスイッチに。

3月

プチ転機。トラブルは現状のリセットを促す天の配剤。潔く路線変更すれば、災いは福に転じます。ストレス解消はガールズトークで。お笑い系か不思議キャラの女友達は、心強いサポーター。

4月

気の重い役回りや苦手な人とのお付き合いが、あなたをひと回り成長させます。骨身を惜しまず力を尽くして。レジャー、旅行は格安プランに掘り出し物あり。

5月

心境に変化あり。嫌い、面倒くさい…と思っていたことに、やりがいや価値を見出すかも。心を入れ替えて真摯に取り組めば、モチベ・人気ともに大幅アップ。

6月

守護星・水星が逆行し、突然の足止めや空振りに面食らいそう。リトライは下旬にツキが。公共の相談窓口利用は有益。マイナス思考はスパや温泉で洗い流して。

オフェリア・麗さん G・ダビデ研究所主宰。西洋占星術をはじめ多くの占術を研究、占い界を牽引。的中率の高さで、常に注目が集まる。抜群の言葉センスにも定評あり。公式サイトはhttp://gdavide.com/

※『anan』2020年12月16日号より。イラスト・シライシユウコ 監修、文・オフェリア・麗

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。