アンアンからニュースを配信します!

岡崎体育 “仲良し”阿部真央の前で「とても気持ち悪い感じだったと思う」

2019.9.1
岡崎体育の連載「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「緊張」です。
okazaki taiiku

僕はライブ前だとかテレビの生放送、ドラマの撮影現場など、みんなが緊張するやろな~という場面でも意外と緊張しません。テレビの生放送では普段通りにいすぎて「岡崎体育、やる気ない」などと叩かれてしまうほど、いつでもけっこうニュートラル。じゃあ、そんな僕がどんなときに緊張してしまうかというと、女性と対峙したときです。この間も、ミュージシャン仲間の阿部真央ちゃんと久しぶりに会って、めちゃくちゃ緊張してしまいました…。彼女とは、同い年だし、彼女の楽曲に参加したこともあるし、僕のラジオにも出演してもらってる。はっきり言ってめちゃくちゃ仲いいはずなんですけど、会った瞬間から緊張モードを発動してしまいました。自分で言うのもなんですが、とても気持ち悪い感じだったと思います。

なんでそうなってしまうかというと、必要以上に気を使ってしまうからなんですよね。変なふうに思われたらイヤだなとか、僕の言葉で傷つけてしまったらどうしようとか考えて、それで頭の中で「何を言うべきか」と言葉を練りまくってしまい、結果、モジモジしてばかりいて、気の利いたことも言えないまま、汗ばかりかきまくる岡崎体育というのが出来上がってしまうんです。それで、あとでひとり家に帰って反省するんです…。

でもこれは、対女性ミュージシャンや対アイドルだけに発動するわけではなく、近所のスーパーでバイトしていたころからそうなんです。買い物に来た同級生に「久しぶり」と声かけられてもしどろもどろになっていたので、ずっとそんな感じです。でも、なんかそれでええかなと思っている自分もいます。とくに克服したいとも思っていません。なぜなら、チヤホヤされるだけの芸能人になんて僕はなりたいとは思わないからです。全然、派手に遊ぶことへの憧れとか願望はないですね。ミュージシャン仲間でも、飲み会の席に「女の子も呼ぼうよ」と言う人がたまにいます。でも僕は、女の子来たら緊張するし、仲間内だけでしか話せないこともあるから、なんか面倒やなと思ってしまう。男だけで気楽に飲んでるほうが楽しいやん、と。だから、僕はこれからも女性トラブルとかないでしょうね。たくさんの女性とお付き合いしたいとも思っていないので。好きな人は一人いればそれで十分。いずれ結婚もすると思いますけど、伴侶となる人が一人いてくれればそれでいいと考えてます。

おかざき・たいいく 6/9に行われた、たまアリのワンマンライブが、8/31(土)21:00~、TBSチャンネル1でTV初放送。来年2/11(火)、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)でワンマンライブ開催!

※『anan』2019年9月4日号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・村田真弓 文・梅原加奈

(by anan編集部)


朝・昼・晩、3500時間どんな時もスキンケアタイム&“モテ”時間。
ファンデ美容で叶うこと。