アンアンからニュースを配信します!

“いいね!”が欲しい見栄っ張りOLが女オタに…新ドラマ“わた推し”

2019.8.6
「“いいね!”が欲しい」と、リア充に見られるためにSNSに投稿し、女友達とマウンティングをとりあう。ドラマ『だから私は推しました』でそんなアラサーOL・遠藤愛をリアルに演じる桜井ユキさん。

色々な意味が詰まった“推し”。心の繊細な部分を演じました。

sakurai1

「私も中学・高校生の頃は他人の目を気にしていて。息苦しさを感じながら行動していた過去の自分は、愛と似ていると思いました。特に現代は“いいね!”をもらいたくて疲弊している人が多い気がしています。SNSとはラフに付き合うのがいいんじゃないかな」

愛は、結婚目前の彼氏に振られて人生のドン底に。そんな時に出会った地下アイドルのハナに惹かれ、女オタの道へ。

「台本を読んだ時、今までに抱いたことがない感情だったので、大丈夫かな? と不安でした。でも、白石聖ちゃん演じるハナが本当にかわいくて、撮影をするたびに若返る感覚です(笑)。これまで地下アイドルのライブに行ったことがなかったので、熱量に感動! ステージで歌って踊るハナを見て、ロックオンされちゃいました。ライブTシャツを着てペンライトを持つと、自然とオタク心にシフトできるんです」

様々な出来事を機に、愛とハナの関係性が変化していく。

「距離を縮めたいけど、このままでいたい。愛はハナに、初恋のような不思議な感情を抱いています。そんなもどかしい場面も見どころですね」

桜井さん自身の“推し”とは。

「もう夏ですが…“鍋からの雑炊”。カレー鍋や和風鍋など、この半年間は日替わりで鍋を楽しんでいます」

さくらい・ゆき 1987年生まれ、福岡県出身。24歳で女優デビューし、映画『リミット・オブ・スリーピング ビューティ』『サクらんぼの恋』『真っ赤な星』などに出演。11月1日に映画『マチネの終わりに』が公開。

sakurai2

『だから私は推しました』 彼氏に振られてドン底に落ちた遠藤愛(桜井ユキ)は、地下アイドルのハナ(白石聖)と出会い、人生が一変。第2回では、ハナと急接近する。出演/桜井ユキ、白石聖、澤部佑ほか 毎週土曜23:30~、NHK総合で放送中。

※『anan』2019年8月7日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・李 靖華 ヘア&メイク・石邑麻由 インタビュー、文・松下侑衣花

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

男が触れたくなる♡「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法