アンアンからニュースを配信します!

星野源が神対応! 岡崎体育がサンプル盤を持って挨拶したら…

2018.10.28
岡崎体育の連載「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「いま求められる男性ソロアーティスト」です。
岡崎体育

数いるメジャーアーティストの中で、まだ音楽家になりたての僕について最初に言及し、褒めてくださったのは星野源さんです。まだ「MUSIC VIDEO」も話題になっていないころで、確か「鴨川等間隔」という僕の曲についてラジオで語ってくださって。「曲を作る姿勢がまっすぐだ」と話してくれた。僕はそれを聴いて「…そうか、俺ってまっすぐだったのか!」と自己肯定感がめちゃくちゃあがりました。ありがとうございます! それから半年後くらいにメジャーデビューして、偶然、ニッポン放送で星野さんとすれ違う機会があったんです。褒めていただいたお礼もできていなかったので、できたてのデビューアルバムのサンプル盤を持ってご挨拶に伺ったら、なんと星野さんが「あ、もうアルバム買いました」と言ってくれた。でも「せっかくなのでもらいたいです」と持ってきたサンプル盤ももらってくれて、ああ、めちゃくちゃ優しいなと思いました。それから、しばらくしてドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が始まって、星野さんの「恋」という楽曲はみなさんもご存じのように大ブームとなるわけです。

ここで僕が何を学んだかというと、それは“男性ソロで成功している人は基本的にめっちゃいい人だ!”、ということです。僕の「エクレア」という曲の歌詞に、「いい曲は いい人とともに」というところがあります。男性のソロアーティストって、いままさにそういう背景がすごく重要なんじゃないか? というのが僕の見解です。バンドのボーカルとかはバンドそれぞれの個性やカラーもあるから一概には言えないし、女性ソロの場合は小悪魔的なヤンチャな感じがあったとしても、それはそれで魅力になったりもする。でも、男性ソロにはいまは、オラオラしたタイプの強めキャラってまったく求められていないんじゃないかなと思うんです。裏表があるとか人柄ってすぐ透けて見えますからね。そういうところ、お客さんは全部わかっていると思います。だからこそ、実際に優しくて温かな人柄の方たちがそのままウケている。僕のことをご自身のフェスに誘ってくれた高橋優さんにしろ、以前コラボさせてもらった秦基博さんにしろ、みなさん優しいですもの。心拍数もとってもゆっくりしていそうです。…そして、僕も優しさ100パーセントでできている男性ソロアーティストのひとりです。

おかざき・たいいく 今月から始まった、NHK連続テレビ小説『まんぷく』出演決定。JINRO presents 岡崎体育ホールワンマンツアー「エキスパート」11/17(土)埼玉・三郷市文化会館から全国7か所にて。

※『anan』2018年10月31日号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・村田真弓 文・梅原加奈

(by anan編集部)


#タレント記事をさらにチェック!
#音楽の記事を覗いてみる!
「男が触れたくなる髪」のケア方法知ってる…?