アンアンからニュースを配信します!

モテる“ナチュラル系シャンプー”とは? 美容の専門家が厳選

2018.9.22
彼に女を感じさせたいなら、重視すべきはヘアケア。この秋は好印象ヘアを作るアイテムが目白押し。教えてくれたのは、ヘア&メイクアップアーティストやモデルなどからなる「モテコスメ選考委員」の皆さんです。

ここ数年、自然派ブランドに限らず、大手メーカーからもナチュラル系アイテムが登場。

「スキンケアと連動して、ヘアケアも自然派を支持する人が急増中。ストレス社会とも比例しているのかもしれませんが、帰宅して髪を洗うときに、植物の香りで癒されたら、活力をチャージできますよね。シャンプーが、リラクセーションのツールとして確立してきたのではないでしょうか」(美容ジャーナリスト・鵜飼香子さん)

さらに、製造技術の進化もその人気に拍車をかけている。

「成分の精製度が上がり、ナチュラル系にありがちなきしみがほぼゼロに。使用感、効果ともにグンと良くなってきていて、レベルが高くなっています」

見つめられちゃうエフォートレスヘア 賞

スムースエンハンス シャンプー、トリートメント(グール ラボラトリー)

伝統美容と現代科学の融合。

ヘアケア

植物の恵みを活かすヨーロッパの伝統美容と最新テクノロジーで、髪質改善を実現。「泡立ち、トリートメントのなじみの良さが最高。ドライ後は、根元からふっくら。でも毛先はさらっとまとまる」(美容エディター・北川真澄さん)。「華やかな香りで、シャンプーしている時間がハッピータイムに」(歯科医師・関有美子さん)。共に430ml各¥1,800*編集部調べ(花王)

まるで少女のように素直なピュア髪 賞

インディゴオイル シャンプー シャイン&スカルプ 同 コンディショナー シャイン&スカルプ 同 プレオイル シャイン&スカルプ(メルヴィータ)

髪のデトックスで恋愛運アップ。

ヘアケア

古くから解熱や解毒に使われた植物、インディゴのオイルが主成分。「洗い上がりが軽いのに、しっとり柔らかいふわ髪に」(ヘア&メイク・野口由佳さん)。「マッサージしながら使うと、頭皮のコリまでスッキリ」(鍼灸師・橋爪佐和子さん)。シャンプー200ml¥2,200 コンディショナー150ml¥2,400 プレオイル50ml¥3,500 10/10発売(メルヴィータジャポン)

究極の髪へのご褒美 賞

エレメンタリー シャンプー 同 ヘアコンディショナー、同 スキャルプ&ヘアクレンザー(ITRIM)

惹きつけられる、官能的な色艶。

ヘアケア

年齢、習慣によるダメージをケア。「健やかな髪を育むための美容成分が凝縮。一生使い続けたいと思わせる魅力が」(日中美容研究家・濱田文恵さん)。「特にヘアクレンザーがお気に入り。リラックス効果も抜群」(ヘア&メイク・paku☆chanさん)。シャンプー250ml¥10,000 コンディショナー200g¥8,000 スキャルプ&ヘアクレンザー150ml¥8,000(ITRIM)

洗うたびにいい女度UP 賞

ファイブハーブス リペアリングシャンプー、コンディショナー、ヘアマスク(ロクシタン)

豊かでリッチ。女優のような髪へ。

ヘアケア

独自配合の美容成分に、5種のハーブオイルをブレンド。「思いっきり夏を楽しんだ後の傷んだ髪も、清楚系愛されヘアにリカバー」(コスメコンシェルジュ・小西さやかさん)。「なめらかな指通りで、彼に触ってもらいたくなる!」(美容ライター・古屋美枝さん)。シャンプー300ml¥2,600 コンディショナー250ml¥2,600 ヘアマスク200ml¥4,200(ロクシタンジャポン)

深呼吸したくなる癒しの香り 賞

ハーブ×ハーブ シャンプー、コンディショナー(HACCI)

森林浴をしているような清々しさ。

ヘアケア

はちみつとハーブのパワーで、潤いをチャージ。ヘルシーな頭皮環境へ。「乾かしている瞬間から、“髪が変わった”と実感できます」(美容エディター・石橋里奈さん)。「少量でふんわりキメ細やかな泡。パートナーとシェアできるユニセックスな香りも素敵」(メイクアップアーティスト・Nagisaさん)。シャンプー240ml¥3,000 コンディショナー240g¥3,200(HACCI)

軽やか気分で恋、はじめます 賞

ナチュラル&スロー クレンズケアシャンプー、清潔感つづくコンディショナー(メリット ピュアン)

抱きしめたくなる、自然な残り香。

ヘアケア

地肌の汚れをしっかりオフするシャンプーと、長持ちアロマで香りが持続するコンディショナー。「汗や皮脂に反応して香りが生まれ続ける処方がすごい」(コスメコンシェルジュ・垰智子さん)。「水分をしっかり含んで潤いに満ちつつ、エアリーな仕上がりは理想」(美容ライター・風間裕美子さん)。シャンプー、コンディショナー共に425ml各¥725*編集部調べ(花王)

鵜飼香子さん 美容ジャーナリスト。美容誌でエディター、ライターを経て、独立。ユニークで実践しやすい独自の美容法が話題を呼び、数々の女性誌で活躍。

※『anan』2018年9月26日号より。写真・さとう しんすけ スタイリスト・長坂磨莉 取材、文・安田光絵

(by anan編集部)


#美容についてもっと知る!
#コスメについてもっと知りたい!
うわぁガサガサじゃん…!男がドン引きする「オバ肌」対策