アンアンからニュースを配信します!

スマホ疲れにも効く! アイケアコスメ3選

2018.9.25
微笑み美人になるための、まなざしサポートアイテム。

「若い世代でも、クマに悩む女性が増えています」

そう危惧するコスメコンシェルジュ・小西さやかさん。一日中スマホやPCの前にかじりついている人ほど、目元のエイジングが進んでいる可能性が大きい。

「最近ではスマホ疲れに着目したアイケアも登場。気になったら即ケアが重要です」(小西さん)

「アラサー女性は、目元のくすみを取るだけで若々しい印象に。しっとりとやわらかなクリームで、保湿をしながらアプローチしましょう」(ビューティサイエンティスト・岡部美代治さん)

ヘア&メイクアップアーティストやモデルなどからなる「モテコスメ選考委員」の皆さまにおすすめのアイケアコスメを教えてもらいました。

アイケア

視線で仕掛ける印象派アイ 賞

バイタライジングリンクルクリーム(エトヴォス)

現代女性のお守りアイケア。
PC疲れでたるんだ目元にアプローチして、くすみをケア。「低刺激なので、センシティブな目の周りにも安心。ほうれい線対策としても使えます」(メイクアップアーティスト・Nagisaさん)。「夜のお手入れの最後に使うと、朝には目元がふっくら。目が疲れているときほど、翌朝の変化を実感できるはずです」(美容ライター・古屋美枝さん)。15g¥4,500 9/25発売(エトヴォス)

ふと目が合ってももう怖くないで 賞

ダーマパワーX ステムシャープアイ(オバジ)

見つめたくなる、晴れやかアイに。
再生医療から発想した、細胞の質を高めるアイクリーム。「目元の乾燥小ジワにうるおいを取り戻すならコレ。夕方にもケアすれば、一日中ハリをキープできます」(鍼灸師・橋爪佐和子さん)。「リッチな塗り心地のクリーム。目の下のしぼみが軽減して、目元が明るくなりました」(ヘア&メイク・高松由佳さん)。20g¥6,000(ロート製薬 オバジコール)

表情豊かな余裕のまなざし 賞

iP.Shot アドバンスト(コスメデコルテ)

ヒロイン目元に、即スイッチ!
話題のiPS細胞がミトコンドリアの質を高めて、未来のシワまで予防。「密着感のあるクリームで、シワを狙い撃ち。若々しい印象になれる」(小西さん)。「肌の奥までぐーっと美容成分が入る感覚で、使うごとに効果が期待できる。少量でもきちんと保湿できます」(ヘア&メイク・paku☆chanさん)。20g¥10,000 医薬部外品(コスメデコルテ)

小西さやかさん コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定協会代表理事、東京農業大学 客員准教授。毎週200種類以上の商品を試し、化粧品を科学的側面から評価する。ブログ「なまけ美容」も人気。

岡部美代治さん ビューティサイエンティスト。化粧品メーカーで商品開発やマーケティングに携わり、2008年から美容コンサルタントとして活動。美容情報サイト「ビューティサイエンスの庭」を主宰。

※『anan』2018年9月26日号より。写真・五十嵐 洋 スタイリスト・中根美和子 取材、文・野村紀沙枝

(by anan編集部)


#美容についてもっと知る!
#コスメに関する記事を読む。
うわぁガサガサじゃん…!男がドン引きする「オバ肌」対策