アンアンからニュースを配信します!

AYAさんになりたい!【最新事情】女性ホルモンにアプローチ! 美乳のためにしたいこと

2018.9.14
デコルテケアからストレッチまで、“美乳”にまつわる最新事情をお届けします!

肌色ケアで魅せデコルテをつくる。

小麦色の肌は、胸元が開いた服でもいやらしくなく、むしろ、女性らしさが宿る。

「日焼けしているのは、充実した日々の表れともいえます。仕事が忙しくても、休日は太陽をたっぷり浴びてリラックス。余裕がある女性という印象に映るんです」(ヘア&メイクアップアーティスト・小澤実和さん)

ただし、日焼けによる乾燥が目立つとその魅力は激減。うるおいとツヤ感はマスト! セルフタンニングで日焼け肌を演出するのも手。

美乳

心地よく保湿しながらセルフタンニングを。クレーム デリシャス オートソレイユ フェイス・ボディ用日焼け肌演出用クリーム 150ml¥5,500(クラランス TEL:03・3470・8545)

美乳

ハリ感とツヤを与えてくれるオイル美容液。Red B.A グローラインオイル 80ml¥5,800(ポーラお客さま相談室 TEL:0120・117111)

トレーナーのシルエットを見て理想をたたき込む。

体全体が引き締まっているのに胸はちゃんとある。プロのボディは識者も絶賛。

「360度鍛え上げた体が美しいクロスフィットトレーナーのAYAさん。しなやかなボディラインのヨガクリエイターのayaさん。プロの体には美乳づくりのヒントがいっぱい。バストサイズを保ちながら、どのくらい筋肉をつけていくべきか研究しています」(『ジュエルリング』代表・木村恭子さん)

インスタグラムなどでその美シルエットを観察して!

AYAさん

美乳

“見せ筋”で注目を集めるクロスフィットトレーナー。セクシーかつ、かっこいい胸元も印象的。体づくりをサポートするレシピ本『AYAごはん』(KADOKAWA)が発売中。

ayaさん

美乳

ヨガクリエイター。オリジナルのヨガクラスを月200レッスンこなし、女性だけでなく男性やアスリートからも支持が高い。筋肉がありながら柔らかい質感を見事にキープ。

サプリを味方に女度の高い体になる。

理想の胸をつくるためには、内側からのケアも大切。

「筋肉や健康な肌をつくるために欠かせないタンパク質をしっかり摂り、脂質を抑えればメリハリのある女性らしい体に。ただし、一日に必要なタンパク質は約60gといわれていて、卵だと12個分の量…。気軽に補えるプロテインがおすすめです」(木村さん)

また、自律神経が整うと血流がよくなり、胸のまわりのリンパの流れがスムーズに。女性ホルモンにアプローチするサプリを味方につけて。

美乳

【a】天然のハーブでストレスケア。Sex&Beauty 30包入り¥7,560(CLEASING CAFE DAIKANYAMA TEL:03・6277・5336) 
【b】女性らしさを高めるビタミン・ミネラルをブレンド。ヴァイタシナジーフォーウーマン 240粒¥18,400(シナジーカンパニージャパン TEL:03・5276・2132) 
【c】オメガ3が豊富なインカインチを搾油した原料からできている。インカインチプロテイン 180g¥1,550(アルコイリスカンパニー TEL:047・711・5041)

背中をゆるめて胸を定位置に戻す。

猫背や巻き肩が原因で、背骨のまわりの筋肉が凝ると、胸の形が崩れる原因に…。

「凝った筋肉が脂肪と癒着し、胸に“寄せにくい肉質”になっています。ストレッチで体をほぐし、癒着をなくすことが大切。わきの下のコリもほぐすと、バストアップが期待できますよ」(木村さん)

ストレッチ器具なら、自宅でも簡単にコリをほぐせる。

「姿勢もよくなり、自然とバストも上向きに。垂れ気味だった胸を、元の位置に戻すことが大切です」(ランジェリースタイリスト・浅井明子さん)

美乳

背中にあて体を伸ばすだけでコリをほぐし、背骨の位置をリセット。ストレッチポール(R)EXアイボリー¥8,900(LPN TEL:052・757・4665)

美乳

わきの下や背中にあて、ゆらゆらとゆらすだけでコリを解消。両手で持ってストレッチすれば肩甲骨まわりも引き締まる。ウェーブストレッチリング¥4,000(MAKIスポーツ TEL:03・6804・8850)

小澤実和さん ヘア&メイクアップアーティスト。自らもバストサロンに通い、産後のバストをケア。バストケアアイテムにも詳しい。

木村恭子さん 育乳専門サロン『ジュエルリング』代表。バストアップカウンセラー。個々の胸に向き合う施術やストレッチが人気。

浅井明子さん ランジェリースタイリスト。雑誌などで下着のスタイリングを多数担当。監修書に『たのしい下着』(技術評論社)がある。

※『anan』2018年9月19日号より。写真・山口恵史(商品) 取材、文・神武春菜

(by anan編集部)


#健康についてさらに読んでみる。
#バストをもっと覗いてみる!
妊婦の9割が経験する! 不安からの”妊婦サーフィン”とは?