アンアンからニュースを配信します!

女子の“お持ち帰り”傾向が明らかに! みんなのセックス事情調査

2018.8.14
気になるけど聞けない、みんなのセックス事情を徹底調査! アンケートで見えてきた、anan読者のセックス事情をご紹介。世代・トレンド評論家・牛窪恵さんと東邦大学医学部医学科客員講師・西郷理恵子さんが分析します。
性6

女性自ら“お持ち帰り”の傾向も。

Q.“ワンナイト”の経験はありますか。

性7

「YES」が39%と4割近くの女性にその経験があるとは「意外と多い」とお二人。「最近はセックスをして相手のことが分かってから付き合いたいという風潮が女性にも。ゆえに、結果的にワンナイトになるという可能性も」(牛窪さん)。「顔が好みなど“発情”を感じて、意識的にしている人もいると思う」(西郷さん)

セフレ? それとも恋人未満? あいまいな関係が見え隠れ。

Q.セフレはいますか?

性8

女性は10%、男性は27%という結果に。「カラダだけの関係と割り切れる人となると、女性は10%と少ないですよね。でも、女性は彼氏だと思いたいのに、男性にとってはセフレ、という関係も世間的には多いもの。それをセフレ認定するなら、パーセンテージはもっと上がるはず」(西郷さん)。「セフレを作る理由には、彼氏とのセックスに満足できない、ということも考えられます。昨今は彼に不満を言って波風立てるより、アウトソーシングする印象です」(牛窪さん)

女性が受け身なセックスは終焉。心もカラダも満たされたい!

Q.あなたがセックスに求めるものはなんですか。

性10

女性、男性ともに「愛情とカラダの満足。両方欲しい」がそれぞれ52%、35%とトップに。2位は男女とも「パートナーとの愛情確認」で女性37%、男性26%という結果になった。「ひと世代前なら、女性は『愛情確認』が1位にきたと思いますが、心とカラダ両方の満足が欲しいと答えた人のほうが多いところが今っぽい。一方、男性は、予想以上に愛情を求めている印象。セックスに対する価値観が、女子化していると読み解けます」(牛窪さん)。「少数ではありますが、『自分が満足したい』という女性も。もちろん心とカラダ両方満足できたほうがいいと思いますが、彼氏以外など相手によって求めるものは違うかも」(西郷さん)

牛窪 恵さん 世代・トレンド評論家、マーケティングライター。テレビ番組のコメンテーターとしても活躍。近著は『「おひとりウーマン」消費!』(毎日新聞出版)。

西郷理恵子さん 東邦大学医学部医学科客員講師。月150人以上の男女の恋愛、結婚、性の悩みにアドバイスをするカウンセラー。All About恋愛ガイド。

※『anan』2018年8月15・22日号より。イラスト・micca

#恋愛の記事をもっと読む!
#トレンドについてチェック!
動画がプロの仕上がりに!? すぐ試したくなる撮影ツール