アンアンからニュースを配信します!

佐藤健 “バカだけど憎めないダメ男”を演じる上での工夫とは?

2018.8.4
桜沢鈴さんの4コマ漫画『義母と娘のブルース』が実写ドラマ化。フーテンのダメ男・麦田章を演じる佐藤健さんにお話を伺いました。
49

たとえ血が繋がっていなくても、愛さえあれば家族になれる。

物語は、綾瀬はるかさん演じるキャリアウーマンの主人公・岩木亜希子が、竹野内豊さん扮する子持ちのサラリーマンと結婚するところから始まる。血の繋がらない娘に母親と認めてもらうため、畑違いの慣れない家事や育児に奔走しながら、家族との愛や絆を深めていく10年間の軌跡を描く。

「原作を読ませていただいた時から、物語の軸がしっかりしたとてもいい作品だと思いました。それに、制作チームも3年前に出演したドラマ『天皇の料理番』などでお世話になったメンバーと全く同じだったので、撮影が始まる前から、きっと重厚感のあるドラマになるだろう、という予感と安心感があったんです」

佐藤健さんが演じるのは、フーテンのダメ男・麦田章。長きにわたって亜希子家族に大きな影響と被害を与える台風の目のような役どころだ。

「麦田は原作にも登場しますが、大まかな設定以外はほぼドラマオリジナルのキャラクター。仕事が長続きしなくて、毎回登場するたびに職業が変わっているようなダメ男です。だらしなくてバカなんですけど、なぜか憎めない。一緒にいるだけで笑えたり元気になれるような、かわいいやつです。実はしばらくこういう役をやっていなかったので、撮影前からワクワクしていました」

そんな“バカだけど憎めないダメ男”を演じる上で、こんな工夫を。

「麦田の行動や発言は、何事もピュアさゆえ。少なくともその一瞬は彼なりに一生懸命だと思うので、それが伝わるように熱量やテンションは普段よりも上げて演じています。一話ごとに職種も違うため、登場したときにインパクトを与えられるよう、服装や髪型も毎回変えているんです。これが演じる上で大変なところでもあるんですけど、その分、楽しみに見てもらいたい部分でもあります」

回を重ねるにつれ、麦田は外見だけでなく、亜希子家族との距離感や心情、その生き方まで変化していく。

「麦田は前半、物語の本筋に全く絡まないんです。だから見ている人からすると、“こいつは一体何者なんだ?”“ただの賑やかしか!?”と思うはず。実際、前半はそう思われるようなことしかしていないんですけど(笑)。でも後半は、役としての責任感も増え、きちんと意味のあるキャラクターになっていきます。僕自身もその変化を楽しみにしているので、見ている方にも麦田がどのように話の本筋に絡んでいくのかを楽しみにしていただければと思います」

慣れない育児に悪戦苦闘しながらも、ただ一生懸命に娘を愛する亜希子。その姿に、佐藤さん自身も大きく心を動かされたという。

「亜希子は仕事はめちゃくちゃできるけど、母親の経験がないから家事や育児に関してはものすごく不器用なんです。それでもとにかく一生懸命で、母として認めてもらうことを絶対に諦めない。たとえ血が繋がっていなくても、愛さえあればどんなことも乗り越えられる、家族になれるというところに、僕自身とても感動しました。みなさんにもこの思いを共有してもらえたら嬉しいです」

タレント

『義母と娘のブルース』血の繋がりのない母と娘の、10年間に及ぶ愛と成長を描いた、笑いあり、涙ありのハートフルな物語。出演/綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未ほか。TBS系毎週火曜22:00~放送中。

さとう・たける 1989年3月21日生まれ、埼玉県出身。俳優。主演映画『億男』は10月19日、『ハード・コア』は年内公開予定。NHK連続テレビ小説『半分、青い。』にも出演している。

※『anan』2018年8月8日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・吉本知嗣 ヘア&メイク・MIZUHO(vitamins) インタビュー、文・菅野綾子

(by anan編集部)

#タレント記事をさらにチェック!
#テレビの記事を覗いてみる!
私も馬のオーナーに!あこがれのバヌーシー体験