アンアンからニュースを配信します!

ananの表紙にHey! Say! JUMPのみなさんが登場!【表紙撮影秘話】anan2113号「ときめきカルチャー最前線。」特集

anan編集部 — 2018.7.31
「anan」2113号8/1水曜日発売「ときめきカルチャー最前線。」特集、今回の表紙、Hey! Say! JUMPのみなさんを撮影した様子を紹介します。

特集を体現するHey! Say! JUMPの方々。ときめきの洪水にご注意を~~!!

an2113_H1-4.indd

表紙を目にした瞬間からわくわく。ページを開いて、さらにどきどき! そんな誌面同様、あっちもこっちもときめきが忙しい現場の様子をレポート。
今回、風に吹かれるHey! Say! JUMPさんを見たいという一心で、スタジオには大きな送風機2つを用意。撮影中には、左右からブンブン風を送っていたんです! 限られた時間での分刻みの撮影の中、一瞬で風の動きをつかんでいく姿はお見事。山田涼介さんは、シャツの裾を自在に操り、まるで少年漫画の主人公のようなドラマティックさ。伊野尾慧さんは、軽い素材のカットソーがひらりと舞い上がるのを、絶妙にコントロールしてセクシーに。メンズファッション誌のモデルも務める中島裕翔さんは、全身を使って風を受け流し、ダイナミックなポージングを次々決めていきます。

そんなカッコいい撮影風景の合間に、思い思いに過ごす姿はこれまたキュンとくる瞬間の宝庫。インタビュー中の有岡さんの前で謎のダンスを踊っている知念さん! インタビューは終わっているのに、薮さんがサッカーW杯(撮影は6月末でした)について熱く語っていたり。あ、高木さんはいつの間にかソファを占領し、まったりくつろぎ中…? ラストの撮影が終わった後には、八乙女さんが歩いてくるのを見計らって、ソファの後ろから岡本さんが「わぁ~~!」。超古典的ないたずらにも、八乙女さんは「なんだよ!」とリアクションばっちりだったとの目撃証言が。

そして、インタビューを読んでいただければわかるかと思うのですが、“ときめきカルチャー”特集にちなんで、メンバーの心をときめかせるカルチャーについて語ってくれた内容が、かなりアツいんです。音楽にこだわりのある有岡さんは、CDの解説まで読み込み、その内容をもとに次に聴く作品を見つけるも楽しい! とのこと。夢中なものにのめりこんでいるキラキラした表情には、ライターも引き込まれそうだったとか。

他にも、漫画、ファッション、カメラなどなど、夢中になりすぎて「そこまでこだわるの!?」なエピソードも満載。胸が高まること間違いなしですよ~。(TM)

立ち読み、詳細はこちらから
https://magazineworld.jp/anan/

ananwebでも今週の記事を配信しています。
https://ananweb.jp/