アンアンからニュースを配信します!

人気マンガ『凪のお暇』の最新刊はどうなる!? コナリミサト先生に聞きました!

2018.1.6
第8回「ananマンガ大賞」を受賞したコナリミサト先生に、受賞記念インタビュー! 『凪のお暇』の制作秘話など、じっくりお伺いしました。
図5

――そもそもこの作品は、どんなところからヒントを得て、描き始めたのでしょうか?

私の好きなマンガは、美味しい料理や、実際にやってみたくなる小ネタなど、〈実用系情報〉が入っているのが多いので、自分もそういうものを描きたかったんです。新しい連載を考えていたのが〈節約小ネタ〉に興味があった時期だったので、まず、1話に1つ、「節約小ネタ」を入れようと決めました。あと、一時期私、会話の中で「わかる〜」という言葉を多用していたんですよ。これってすごく便利な言葉なんです。言われたときには共感された気がして嬉しいし。実はよくわかってないのに、とりあえずその場が収まるから使ってしまうときもあったりして…。でもふと、「わかる〜」を多用する私は、相手にも自分にも誠実ではないのかも…と、悩んだことがあって。そこからヒントを得て、空気を読んで「わかるわかる」と言いすぎて壊れちゃった女の子が、節約する話を書こう、と。

――主人公の凪がリセットする姿は、清々しく、羨ましいです。

読者の方からも、それこそ「わかる!」といった声をたくさんいただいたのですが(笑)、私としてはその多さにびっくりしました。現実世界の、凪と同世代の女の子たちは、もっと上手く生きているイメージがあったので…。でも実はみんなこういう経験をしていて、リセットしたいって、心のどこかで思っているのかもしれないですね。私も含め(笑)。

――そんなふうに共感を集める凪は、どんな女の子ですか?

冒頭のOL時代の彼女は、空気を読んでいる間に、“言いやすく、押し付けやすい、おとなしい女子”。その文脈だけだと、彼女は聖人君子なピュアピュアな女の子かな、と思うんですが、案外とそうではない。恋人のことを、「私のカード」と言える計算高さも持ってる、ごく普通の子だと思います。リセット後、空気を読むのをやめたことで、本来の自分を少しずつ取り戻していくのですが、そのプロセスを描くのは楽しいです。

――ラブコメとして笑える部分もあり、一方、身につまされるくだりもある。バランスが絶妙です。

少女マンガだけでなく、少年マンガもたくさん読んで育ってきたので、少年マンガのラブコメ感が大好きなんです。なので、常に笑ってほしいです。一方で、読者をギクッとさせたいという思いもあって。ハッとして背筋が伸びる、そんなセリフやシーンを描きたいと、いつも思っています。

――1月に3巻が出ると伺っています。彼女の人生と恋路はどうなっていくのでしょうか…。

3巻では、前彼の慎二となぜ付き合うことになったのか、また凪が空気を読む人に育った背景などが描かれます。ラブだけでなく、凪の人間性を新しい側面からも描くので、そのあたりも楽しみにしていただけると嬉しいです。

――凪に執着するツンデレの慎二と、優しいけれど言葉に重みがまったくない隣人のゴンさん。どっちもモテそうな男子ですが、コナリ先生はどちらが好み?

えーーーー?! どっちも好みじゃない…(笑)。2人の中間みたいな男性がベストだと思うんですが、作者としては、そんなに簡単には主人公を幸せにはしてあげないぞ、という気持ちがあるので、もうちょっと凪ちゃんには苦労してもらおうと思います(笑)。

『凪のお暇』 1~2巻 各680円/秋田書店 (C)コナリミサト/秋田書店

コナリミサトさん マンガ家。2000年デビュー。『まんがタイムオリジナル』(芳文社)で「ひとりで飲めるもん!」連載中。お酒好きみたいです?!

※『anan』2017年1月3・10日号より。 

(by anan編集部)

#恋愛 記事をもっと読む。
#漫画 記事を見てみる。
内側からも美しくなる! いま注目の「空手」が生み出す カラダ、ココロの美しさ。