男子禁制女子トーク!

10分でいいからシたい… 溜まりすぎた昼顔妻の「性欲ムラムラLINE」3つ

文・並木まき —
欲にまみれた昼顔妻は、欲求不満になると臆することなく性欲を解消しようとするようです。今回は複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな昼顔妻たちのLINEに迫ります。

1:「10分で済ませよう!」

「職場の同僚とダブル不倫中ですが、コロナ禍で在宅勤務が続いているためになかなか会う機会が作れずにいます。

すると相手も性欲が溜まってしまったのか、『明日会えない? 10分で済ませよう! もう限界……』とLINEが届きました。僕も妻とはセックスレスなので性欲が溜まっていますが、文面から伝わる彼女の性欲の溜まり具合に思わず笑ってしまいましたね。

家が遠いので10分の逢瀬も厳しいのが正直なところですが、『そこまで溜まっているのなら……』としょうがないと、デートの約束をしました」(41歳男性/IT)

不倫相手と会えない日々が続くと、「ほんの少しの時間でいいから、性欲を解消する機会が欲しい」となるのも昼顔妻の心情なのでしょう。

ここまでダイレクトに欲求不満を伝えられると、男性としても同情心からデートの約束をしたくなるのかもしれませんね。

2:「誰でもいいから紹介して」

「既婚の友人で、夫とセックスレスになってから昼顔妻になった人がいます。今までは既婚者合コンで相手を見つけていたらしいのですが、コロナ禍の今はそういった合コンがなくなってしまい、相手探しに苦戦しているのだそう。

すると、その人から私のもとへ『誰でもいいから紹介して!』『知り合いに性欲まみれの男性いないの?』『ワンチャンでいいから相手が欲しい!』などと、切羽詰まったLINEが届くようになりました。

その人はいつも『性欲を解消できない毎日がしんどい』と連絡してくるのですが、そこまで性欲がない私からすると、彼女の性欲の強さにびっくりしてしまいますね……」(35歳女性/建築関係)

性欲が溜まりすぎてしまうと、「誰でもいいから、相手をしてもらいたい」と思う昼顔妻もいるようです。

こんな連絡がいきなり届いたら普通はびっくりしてしまいますが、受け取った相手の気持ちまで気が回らないほど、切羽詰まっていたのでしょう。

3:「今日会えない? 会えないなら、ひとりでします」

「コロナ禍の影響で、ダブル不倫の相手と以前ほどはデートができなくなっています。僕と妻は、セックスレスではありませんが、相手の女性は夫と長いことセックスしていないみたいなんです。

そのため、1か月以上会えない日が続いたときには、さすがに限界を迎えたらしく『今日、会える? 会えないなら、ひとりでします』と連絡がきました。でもその日は家を出る口実が見当たらず、彼女に会いに行くことができなかったので断ったんですよね。

すると、しばらくしてから彼女が、ひとりでエッチしている写真をLINEで送ってきたんです! 『あなたのせいで、こんなことシちゃった』と書かれていたのですが、元々は清楚だった女性が僕のせいでこんな連絡をしてくるようになったのかと思うと、なんだか複雑な気持ちになりましたよ(笑)」(40歳男性/サービス)

性欲が爆発してしまい、セクシーすぎるLINEを浮気相手に送りつけてしまう昼顔妻もいるようです。

こういった写真は別れた後に問題になる場合も多いので、安易に送信すべきではありません。ですが、それすら判断できないほど頭の中が欲に支配されてしまったのかもしれません。

性欲が溜まりすぎてしまった昼顔妻のなかには、とんでもない連絡を周囲にする人もいる模様。

みなさんの周囲にいる昼顔妻も、涼しい顔をして実は裏でこんなLINEを送信しているのかもしれません。

©Lena Mirisola/gettyimages