男子禁制女子トーク!

出会ってすぐに合体… 思い出すと興奮する「夏のワンナイトエッチ」4選

文・塚田牧夫 —
夏の暑さは人の感情にも大きく影響するのか、つい気分が開放的になる人も多いようです。なかには、自分でも思いがけずに大胆な行動をとってしまう場合も……。そこで今回は、思い出すと興奮する“夏のワンナイトエッチ”について、経験のある女性たちに話を聞きました。

出会って間もない人と…

「数年前の花火大会のこと。友だち数人と土手のほうに向かう途中で、みんなとはぐれてしまったんです。電話をしても、気づいていないのかつながらなくて……。

すでにお酒を飲んでいたので、フラフラになりコンビニの前でしゃがんでいたら、とある男性に声をかけられました。
その男性は“うちに来る?”と言うんです。すぐ近くに家があり、部屋から花火も見えるのだとか。

そう言われて、普段なら警戒するのですが酔っていたこともあり、勢いでその男性についていきました。

実際に、その男性の家は花火の見える眺めのいい場所にありました。そして、会ってそんなに時間も経っていないのに、雰囲気に押されてエッチをすることに……。

しばらく経った後でみんなと無事合流したのですが、あの短時間でエッチしたとは言えなかったです」ユナ(仮名)/26歳

フェスに招待されて

「飲み会で音楽関係の仕事をしている男性と知り合い、その人に“一緒にフェスに行こう”と誘われたんです。なんでもバックヤードに入れるパスがもらえるとのことだったので、喜んで行きました。

実際にバックヤードに入ると、ほぼ目の前に好きなアーティストがいたんです! しかもお酒も飲み放題だったので、まさに天国。気分は最高潮でした。

帰りはその人が車で送ってくれたのですが、途中で“ホテルに行こう”と言われ……。至れり尽くせりだったので断れず、“ま、いっか”とワンナイトを経験しました。今でもめちゃくちゃいい思い出です」ミユキ(仮名)/28歳

自分からホテルに誘って

「去年の夏、友だちの親の株主優待のおかげで、いいホテルにタダで泊まれることに。ところがその前日、急に友だちの体調が悪くなってしまいました。

“誰か誘って行ってきて”と言われたんですが、前日で誰もつかまらず……。仕方なく少し仲良くしていた男性を誘ったら、OKが出たんです!

でも、実はその人には彼女がいたので、周囲には内緒で一緒に行くことに。プール付きのとてもいい部屋だったのでテンションが上がり、彼との夜のエッチもかなり盛り上がりました」アヤカ(仮名)/24歳

大きなアソコに惹かれて

「まだ10代のとき、友だちみんなで海に行ったんです。そこで男友だちとゴムボートに乗ったのですが、ボートが小さかったためか自然とカラダが密着する態勢に……。

そのときに男友だちの股間が私のカラダに当たったんですが、どうやら固くなっているんです。最初は“ゲッ……”と思ったのですが、なんだか今まで経験したことがないような大きさだったので、逆に興味が湧いてしまい……。

結局好奇心を抑えられず、帰りにその男友だちを家に誘ってエッチしちゃいました。実際に彼のアソコは思った通りすごく大きくて、気持ち良かったです」メイ(仮名)/23歳

“思い出すと興奮する夏のワンナイトエッチ”をご紹介しました。

“やらない後悔より、やる後悔”という言葉もあります。夏の暑さによって湧きあがった感情を大胆に表現するのもいいですが、トラブルに巻き込まれないように気をつけることもお忘れなく。

©Le Club Symphonie/gettyimages
©gilaxia/gettyimages