詰めっ詰めのエレベーターで感じる~! 男に官能を感じる瞬間!

2017.3.2
何気ないシーンなのに心つかまれる…。anan読者に「私が男に官能を感じる瞬間(とき)」を告白してもらいました。

極私的な瞬間から、うなずきたくなる鉄板モノまで、男に官能を感じる瞬間をアンケート。あなたが男を感じるしぐさに、心乱されるシーンは?

官能

エレベーターで後ろからボタンを押されたとき。背中に感じた胸板にドキッ。

「詰めっ詰めのエレベーターで、私の後ろにいた人が『すみません』と言いながら、私の肩越しに手を伸ばし、ボタンを押したとき。長い指の色っぽさ、後ろから抱きしめられたかのようなシチュエーションに動揺。苦痛なはずの空間が、私にとっては、官能的な空間に」(30歳・音楽関係)

シャワーの後、髪を乾かす姿。

「男の人が髪を乾かすときって、どこか子どもみたいですよね。タオルで拭くにしても、ドライヤーを使うにしても、動きが雑で。長髪でも、やっぱり髪さばきは粗野。私とは違う生き物であると実感します。何気ないシーンだけど、母性本能をくすぐられ、心が揺れます」(27歳・自由業)

靴を履く後ろ姿。

「ちんまりしゃがんでセコセコ靴を一生懸命に履く姿にきゅんとします。大人なのにあどけない感じがたまらない。未完成な鋳型はいつでも魅力的です。ちょっとイケてない瞬間が、どきっとしますね」(菜々子さん・イラストレーター)

腕時計をはめる瞬間。オンからオフに変わるときが好き。

「職場の資料整理などの作業や、飲み会のとき、腕時計を外していた男性が、カチッと時計をつけ直すしぐさが好き。彼の身支度を盗み見たような気持ちになります。別モードのスイッチが入り、引き締まった表情になるのが、カッコ良くて、ポーッと見とれちゃいます」(31歳・事務)

ななこ 弊誌ほか多くの女性誌でイラスト、マンガを制作。著書に『センスがいいと思われる 贈りもの美人の作法』(KADOKAWA)がある。

※『anan』2017年3月8日号より。文・堀 由美子(C)filadendron

(by anan編集部)

【人気記事】
なるべくマウスを使わない! “事務作業”能率アップ技
SNSも影響? 今どきの“習い事”で人気1位はやっぱり…
【フォロワー17万人】はるかぜちゃん15歳「いつでもやめられる」

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。