アンアンからニュースを配信します!

婚活パーティで勝負下着を身につける女がダメな理由

2016.12.1
1度は参加しておきたい「婚活パーティ」。気を付けるべきポイントについて、婚活コンサルタント・澤口珠子さんと婚活アドバイザー・大西明美さんにアドバイスをいただきました。
男性の下心に気づくための努力を。
男性の下心に気づくための努力を。

「初対面の男性と話すパーティは、コミュニケーションの練習の場としても最適」と澤口さん。婚活パーティには<少人数制・大人数制><制限時間内で自己紹介をしながら全員と話す・フリートーク>など、さまざまなタイプが。

「ひと通り参加して、どのタイプに向いているかを見極めて。参加している男性の傾向も違うので、理想の男性がいそうなパーティを選ぶのも大切です」(大西さん)

婚活パーティの【勝利の方程式】をご紹介します!

  1. 勝負下着は選ばない。
  2. 理想の男性に出会ってテンションが上がると、冷静な判断ができなくなるもの。「勝負下着はつけずに、あえて上下バラバラの下着をつけておけば、自ずと羞恥心が働いて冷静さをキープ。下心のある男性の目線にちゃんと気づくことができますよ」(大西さん)。せっかくの出会いを一夜限りで終わらせないのも、婚活を成功させるうえで重要。

  3. 会員制のパーティが吉。
  4. 当日予約も可能で、誰でも参加できるパーティを選ぶと、参加条件を偽装した人や遊び目的の男性、サクラがいることもしばしば…。一方、結婚相談所や、婚活サイトが主催するパーティは、会員しか参加できないため、男性の身元が保証されているので、安心して参加できる。相談所や婚活サイト内にあるパーティ情報を、まめにチェックしよう。

  5. 2人で参加すれば出会いも2倍!
  6. パーティへは2人で参加するのがベター。「2人組の男性は、2人で参加している女性に声をかけやすいもの。たとえ、話しかけてくれた男性がタイプじゃなくても、一緒に参加していた男性がタイプの場合もあり、出会いも2倍になりますよ」(澤口さん)。3人だと気軽に話しかけるには人数が多すぎ、1人だと焦りがにじみ出やすいとか。

澤口珠子さん 婚活コンサルタント。主宰する少人数制レッスンでは1期生全員が1年以内に結婚するなど高い成婚率を誇る。365日メールレッスンも好評配信中。近刊『はじめての「ネット婚活」』(幻冬舎)。

大西明美さん 婚活アドバイザー。クリスチャン専門の結婚相談所を経営。年に100人以上と直接面談にて婚活アドバイスも行っている。著書に『となりの婚活女子は、今日も迷走中』(かんき出版)が。

※『anan』2016年12月7日号より。イラスト・いいあい 取材、文・齋藤春菜

(by anan編集部)