とにかく万能 大人気“ストレッチポール”はこう選ぶ!

2021.3.7
エクササイズの効率をUPし、やる気をも引き出してくれるギアたち。でも種類がありすぎて、何を買うべきか悩んでしまうことも。選び方のコツと、最新アイテムをご紹介します。ここでは“ストレッチポール”に注目!

ストレッチポール

“一家に一本”常備したい! 多様に使える、万能アイテム。

goods

「自宅トレーニング好きの間では、“一家に一本”くらいの感じで大人気なんですよ」

トレーナーの菅原順二さんが絶賛する〈ストレッチポール〉。円柱状のギアで、背中をつけて寝転ぶことで、脊柱の筋肉を緩める、というのが主な使い方。

「普通に生活しているだけでも、背中の脊柱起立筋はかなり緊張。ポールの上に横になることで、背中の筋肉をほぐすことが可能。寝る前に少し使うだけで、かなり体がリセットされます」

POINT1:ストレッチ、コリほぐし…。バランストレーニングにも!

「背中の筋肉リリースの他に、例えば脚と床の間に置いて、体を使ってゴロゴロ転がせば、脚のストレッチができますし、上に乗ることでバランストレーニングにも使え、体幹が鍛えられます。とにかく万能なんです」

POINT2:長さは98cmが代表的。腰から頭がしっかり乗ればOK。

代表的な商品の長さが98cm。「上に寝て使うことが多いのですが、余裕を持って使うには、腰から頭まで乗る長さが必要です。扱いづらいかな、と思いがちですが、このくらいの長さがあるほうが運動の幅は広がります」

POINT3:太さや柔らかさは個人の好み。ただ、痩せ型の人は硬いと痛いかも。

芯材は発泡オレフィン系樹脂を使用。「適度な硬さがあり、その硬さが体を広げるのに効果を発揮します。痩せている人は骨が当たって痛い、ということもありますので、柔らかいタイプを使ってみてもいいでしょう」

POINT4:安定感を求めるならば、半円タイプもあります。

円柱形なので、床に置いたときには当然ゆらゆらするもの。「体を乗せたとき、その揺れる感じや、高さに恐怖を感じる人は、安定感があり床に定着できる半円タイプをおすすめします。慣れたら円柱形に挑戦してみて」

ストレッチポール(R)EX
ネイビー ¥9,350 *税込み

goods

アメリカでプロ選手の間で、バランストレーニングや体幹トレーニングに使われていたのを見たトレーナーが、日本のVリーグ選手のケアに使ったことで広まった。フィットネスや医療現場でも使われている。(LPNショップ https://lpn-shop.jp

ストレッチポール(R)MX
アイボリー ¥9,900 *税込み

goods

EXに比べ細く、そして柔らかい使い心地。体を乗せたときに沈むので、腰や背中に違和感がある人におすすめ。また高さが低い分、床に近く安定感が。「痩せている人は骨が当たるので、こちらのほうが使いやすいと思います」(菅原さん)。(LPNショップ)

ストレッチポール(R)ハーフカット
ネイビー ¥7,150 *税込み

2240 goods1-4

円柱を半分に切った、かまぼこ型のタイプ。底面が平らなので安定感は抜群で、よりリラックス感を求めるならばこちらがおすすめ。長さは1本40cmで、タテに繋げると背中から腰まで背中をしっかり乗せられるサイズに。2本セット。(LPNショップ)

すがはら・じゅんじ ピラティススタジオ「アランチャ」代表トレーナー。ラグビー選手を経てピラティストレーナーに。雑誌などでも活躍中。

※『anan』2021年3月10日号より。

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。