アンアンからニュースを配信します!

元星組トップ・紅ゆずるの退団後の姿に! 「自分にケジメをつけるため」

2020.5.10
宝塚歌劇団在団中から、唯一無二の個性を放ち人気を博してきた元星組トップスターの紅ゆずるさん。クールな美貌で正統派の主人公を演じたかと思えば、一転、アドリブもどんどん繰り出しながら客席の笑いをかっさらう。昨年秋の退団後、初の舞台出演は、東京喜劇を掲げる熱海五郎一座。三宅裕司さんが座長を務め、笑いに精通した芸達者なベテラン勢が一座に名を連ねる。

宝塚歌劇団退団後の初舞台は東京喜劇。軍服姿で笑いの本丸に進軍!?

takara1

「元宝塚だからとか退団したトップスターだからではなく、私自身を見てくださって声をかけていただいたのが嬉しいなと思ったんです。コメディの“間”ってすごく繊細で、ちょっとしたことで変わってしまう。今回ご一緒させていただくみなさんは、喜劇のプロフェッショナルです。みなさんとの共演でどんな刺激を受けるのか、どれだけ芸を盗めるか…絶対に勉強になるのは間違いない。ぜひ挑戦してみたいと思いました」

これまでも多くのコメディに挑戦しているが、「今回はもっと笑いにシビアになると思うんです」と話す。

「あんなにアドリブっぽくセリフが書かれている台本を初めて見ました。全部が計算されて書かれている。つまり、一回笑いのテンポが狂ったら全部が狂ってしまうからこそ“間”がより大事になってきます。宝塚の時は(アドリブ)って書いてある箇所は、こちらの裁量に任されていたんですね。お客様は優しいからそこで大概笑ってくださるし、コメディをやっても、ウケたかウケてないかというところで判断されることはないんです。でも、熱海五郎一座のお客様は、プロフェッショナルな笑いを求めて観にいらっしゃる。絶対に笑わせなきゃいけないし、そこはすごくシビア。でも、そこが私としては綱渡りみたいで刺激的です」

太平洋戦争にもし日本が勝利していたら…という仮定をもとに書かれた今作。紅さんが演じるのは、女性ながらに従軍する中佐の役だ。

「難しいなと思うのは、男役をやっていた時とさほど変わらない軍服という格好で登場するけれど、女性であるというところ。いまは男役ではないですし、中途半端になってしまうとお客様に伝わらないので、ちゃんと女性として演じなければいけない。いままでは求められてこなかったチャンネルです。役としてはお堅い軍人で男っぽい部分はあるけれど、持ってる中身は女性。自分が女性であることをあえて武器にしている部分もあるのかなと思っていて、そこをちゃんと出していきたいです」

じつはこの日、紅さんがスカートをはいて取材に臨んだのにも、きちんとした理由がある。

「長年男役をやってきてファンのみなさんのことを考えると、退団後スカートをいつはくかって結構問題なんです。でも、そこでいままでのようにパンツだけで通していたら、前に進めないですよね。自分にケジメをつけるためにも次に進むという意味でも、スカートをはこうって。実際、スカートがあまりに久々すぎて、どう動いていいかわからないんです。これからいろいろな役を演じていくためにも慣れておかなきゃ」

トップスター時代から自身の立ち位置を客観視して自己プロデュースをおこなってきた人だ。だからこそ聞いてみたいのは今後のビジョン。

「具体的なことはまだですけれど、ひとつ考えているのは、元宝塚、元トップスターという肩書がなくても通じる役者になりたいということ。宝塚時代のことは誇りに思っていますが、元タカラジェンヌという職業はありません。そこから切り離した“紅ゆずる”という人材になりたいんです」

takara2

熱海五郎一座 東京喜劇『Jazzyなさくらは裏切りのハーモニー ~日米爆笑保障条約~』 太平洋戦争に日本が勝利したら、という設定で繰り広げられる、日系アメリカ人ジャズバンドの物語。アメリカが敗戦し、女性海軍中佐(紅)はアメリカ日本化計画を発令する。6月2日(火)~30日(火) 東銀座・新橋演舞場 作/吉高寿男 出演・構成・演出/三宅裕司 出演/渡辺正行、ラサール石井、小倉久寛、春風亭昇太、東貴博・深沢邦之(交互出演)、紅ゆずる、横山由依(AKB48)ほか 1等席1万1500 円 2 等席9000 円 3 階A 席6000円 3階B席2800円ほか(すべて税込み) チケットホン松竹 TEL:0570・000・489

くれない・ゆずる 大阪府出身。2002年に宝塚歌劇団に入団し、’16年より’19年まで星組トップスターを務める。心ある演技とコメディエンヌとしての才で人気を博した。

ワンピース¥68,000(EZUMi/リ デザイン TEL:03・6447・1264) ブーツ¥125,000(ジミー チュウTEL:0120・013・700) その他はスタイリスト私物

※『anan』2020年5月13日号より。写真・的場 亮 スタイリスト・森本美砂子 ヘア・Tomo Tamura(Parle Management) メイク・鈴木ナオ(eight peace management) インタビュー、文・望月リサ

(by anan編集部)