アンアンからニュースを配信します!

あなたの手はぷっくり? ごつごつ? 肌色と手の形で“お似合いネイル”を診断

2020.3.30
似合う色のネイルを選んで、ワンランク上の品格を。爪が小さく幼く見えがちな“ぷっくり手”か、節がちで爪が大きい“ごつごつ手”かによって、自分に合うピンクをチョイスして。

【イエベ肌×ぷっくり手】ナチュラルベージュピンク

21

「手がぷっくりしている人は爪の先が細く爪が小さいタイプが多く、幼い手に見えがち。トーンが鮮やかだと爪と指が分断されてしまい、爪の小ささがより目立ってしまうので、ナチュラルピンクを選ぶのが正解です」(ネイリスト・佐藤まゆみさん)。ベージュピンクならイエベ肌に溶け込むようになじむため、オフィスシーンでも活躍。またラメやパール入りを選ぶなら、ゴールド系がGOOD。

25

エレガンス ネイルケア カラー 02
レッドやパープルのパールがタフタのように気品のある輝きを放出。8.5ml¥2,500(エレガンスコスメティックス TEL:0120・766・995)

26

コスメデコルテ ネイルエナメル PK841
ゴールド&レッドパールがきらめき、さりげない可憐さをアピールするピーチピンク。7ml¥2,000(コスメデコルテ TEL:0120・763・325)

【イエベ肌×ごつごつ手】ぱきっとコーラルピンク

Beauty

「指の節が目立つ人は、爪も大きい人が多い。大きさをカムフラージュするのは難しいので、逆手にとって味方につける発想を」。ポイントは隠さずに見せること。あえてはっきりしたピンクを堂々と爪にのせることで、手のゴツさよりも爪の印象が強く残り“ゴツい手”という印象をセーブしてくれる。イエベ肌の場合、コーラル系で黄みを拾うとしっくり。

27

RMK ネイルポリッシュ 22(P)〈イタリアンローズ〉
鮮やかな発色と手になじむパールで、つけるとエレガントさを漂わせる大人なピンク。7ml¥1,500(RMK Division TEL:0120・988・271)

28

ポール&ジョー ネイル ポリッシュ 08「フラミンゴ ピンク」
ツヤツヤに仕上がり、手元が即華やぐフレッシュでヘルシーなピンク。12ml ¥1,600(ポール&ジョー ボーテ TEL:0120・766・996)

【ブルベ肌×ぷっくり手】なじみ系ペールピンク

Beauty

「先細で爪が小さく見えがちなので、肌の延長線に続くような淡いピンクがおすすめ。なかでもブルベ肌には、さわやかなペールトーンがお似合いです。さらにシルバーパールはブルベ肌になじみやすいので、上手に取り入れると高見えします」。地味になりそうと敬遠しがちななじみ系でも、自分の肌色に合ったものなら一気に好転、大人の色香をまとった女性に。

Beauty

ADDICTION ザ ネイルポリッシュ011P Fall in Love
繊細なパールが入ったペールピンク。シルバー・レッド・グリーンパール入り。12ml¥1,800(ADDICTION BEAUTY TEL:0120・586・683)

30

THREE ネイルポリッシュ96 DIVINE DREAMER
クリスタルのミルキーな質感のピンクオパールは、神秘的な色み。かわいいだけではない大人な色気を後押し。¥1,800(THREE TEL:0120・898・003)

【ブルベ肌×ごつごつ手】鮮やかマゼンタピンク

24

「ナチュラルカラーを選んでしまうと、手のゴツさが際立ってしまいます。フェミニンな華やかカラーを用いて“手が大きい人”ではなく“爪がキレイな人”と印象づければ勝ちです」。遠くからでも視線を引きつけるぐらいの鮮やかカラーこそ、ゴツゴツ手にとっては好都合。青みがかったマゼンタピンクなら、ブルベ肌によくなじみ、芯の強い色気を拡散!

Beauty

JILL STUART ネイルラッカー 108〈love shower〉
ピンクを得意とするブランドならではの、ノンパールで発色にこだわったマゼンタピンク。7ml¥1,500(JILL STUART Beauty TEL:0120・878・652)

32

SHIRO 亜麻ネイル 8I02〈カメリア〉
濃厚な青みピンクで、重ねるほど温かみとニュアンスを感じる。ビビッドながらモードで大人なカラー。10ml¥2,400(SHIRO TEL:0120・275・606)

佐藤まゆみさん ネイリスト。パーソナルカラーアナリストの資格を持ち、個人に合ったパーソナルカラーネイルを提案。『COR NAIL JIYUGAOKA』東京都目黒区自由が丘1-14-4 自由が丘戸田ビル202 TEL:03・3724・6088 Instagramは@cornailjiyugaoka

※『anan』2020年4月1日号より。写真・大嶋千尋 取材、文・若山あや

(by anan編集部)