アンアンからニュースを配信します!

季節の変わり目に肌荒れ…チェックしたい“皮膚科医監修”コスメとは?

2019.10.22
気になるコスメの開発秘話をお届けする「コスメラボ」。今回はX-Barrierのフイルナチュラント エクスバリア、リペア クリーム、リペア ローション、リペア ゲル ALです。

“弱バリア肌”を今こそ立て直そう!

Beauty

女性皮膚科医が監修するドクターズコスメブランドから、新シリーズ<エクスバリア>がデビュー。乾燥・肌荒れを繰り返す敏感肌をあえて“弱バリア肌”と定義づけ、根本からアプローチするのが特長。季節の変わり目やホルモンバランスなどで定期的に肌荒れを繰り返している、いつもの化粧品が急に合わなくなる…といった経験を持つ人は今すぐチェック!

「大気汚染、空調のきいた乾燥した室内など、外的ストレスは年々増すばかり。そこに疲れや精神的ストレス、睡眠不足などが加わり、肌がバリア機能不全に陥る人が確実に増えています。その一方で敏感肌コスメは保湿力に満足できない、肌に優しいコスメだと物足りない…といった声もよく耳にします。そこで我々が着目したのが攻めのスキンケア。ポイントは化粧水、美容液ゲル、クリームの3ステップで弱バリア肌に不足している成分を必要な場所に的確に届け、より早く健やかな肌に立て直すシステムにあります」(フイルナチュラント企画担当・小川奈桜さん)

具体的にはまず、化粧水に配合された成分が角層深部にアプローチし、次に使う美容液ゲルが乾いた角層バリア層を柔らかくして潤いで満たされた状態に。そして最後のクリームには、肌表面に擬似バリア膜を形成するサクラン(TM)が高濃度(※1)で配合され、外部刺激をしっかりとブロック。

「擬似バリア膜はアンチポリューション効果で外部刺激をシャットアウトすると同時に肌内部の水分蒸散も抑えるので、効率よく弱バリア肌をしっかり立て直すことができます」 

また感触にもこだわり、3種から選べる化粧水はいずれもスッと浸透(※2)。美容液ゲルはみずみずしさを追求し、2種から選べるクリームはのびがいいのに肌の上でとどまる処方に。使用感も心地いいお守りコスメといえそう!

※1 シリーズ比 ※2 角層まで

化粧水はややしっとり、しっとり、とてもしっとりの3種。クリームはしっとり、とてもしっとりの2種。全品無香料。右から、全2種 44g各¥5,000 全3種 150ml各¥4,000 50g¥4,000(ドクターフィル コスメティクス TEL:0120・16・6051)

※『anan』2019年10月23日号より。写真・田村昌裕(FREAKS) スタイリスト・荻野玲子 取材、文・安井千恵

(by anan編集部)

美容-記事をもっと読む-_バナー

池田エライザさんのヘルシービューティのヒミツ