アンアンからニュースを配信します!

ちょっとした段差で転ぶ横澤夏子、「危険を回避できる人」を尊敬

2019.8.26
出会った女性がネタの源という横澤夏子さんが、街で見つけたいい女を実演。今回は、注意深く生活し、人を気遣える女性「段差に気づく女」になりきり。
25

足元に気を配れる人は、危険回避が得意です!

ちょっとした段差で、見事なまでに転ぶことってありませんか? 私は最近、注意力が散漫なせいか、新幹線を降りる時や、終わったと思った階段がもう一段あって、つまずいたり、転んだりすることがよくあるんです。だからこそ、飲食店の店員さんとかに、「段差、お気をつけくださいね」と言われると、“私の足元のことまで気を遣ってくれているんだ”と嬉しくなります。すごく優しいし、相手に対して配慮があって、ていねいな方だなと憧れます。もちろん、店員さん以外でも、そういう人は存在します。一緒に歩いていて、「水たまりがあるよ」と言ってくれる友だちもそうです。たまに、“え、ドッキリですか!?”と思うような、私のために作ったんじゃないかと感じる水たまりってあるじゃないですか。しかも、雨が降った後の気が抜けたタイミングは危険ですよね。自分の道は自分で照らして当たり前なのに、他の人の道もあえて照らしてくれるわけですから、本当にすごい。そういうふうに「そこ、危ないよ」と教えてくれる遠足の隊長のような人は、先のことがちゃんと見えている人。川を渡る時には、グラグラするものを避けて安定した石をちゃんと踏める、きちんと危険を回避できる人に違いありません。

こういう人は普段から、道を歩く時に、“ここでつまずきそうだな”とか、“この道は夜になると暗くて危なそう”などと、チェックすることを欠かさないはず。それも、自分の視点だけではなく、子どもやお年寄りなど人のことを考えたうえでの危険な場所を把握し、他の人にも教えてくれます。そういう人は、部屋もつまずきそうなものをきちんと片付けて、きれいにしているのでは。床に物を置くのをやめるところから始めてみるのも、効果がありそうです!

よこさわ・なつこ 芸人。『バイキング』(フジテレビ系)や『王様のブランチ』(TBS系)など、数多くのバラエティ番組にレギュラー出演している。著書『追い込み婚のすべて』(光文社)が発売中。

※『anan』2019年8月28日号より。写真・中島慶子 イラスト・別府麻衣 文・重信 綾

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

旅好き女子が大注目!次の海外旅行をメルボルンにする5つの理由って?