アンアンからニュースを配信します!

柄本佑「セックスは食べることと寝ることとイーブンに…」主演映画を語る

2019.8.14
映画『火口のふたり』が伝える、「身体の言い分」への耳の澄まし方。
Sex

兄と妹のように育ち、ある時期には濃厚な身体の関係もあった賢治と直子。直子の結婚式が10日後に迫る時、久しぶりに故郷で再会した二人の間で、再び禁忌的な欲望が疼きだす――直木賞作家、白石一文の小説『火口のふたり』が映画化された。

監督・脚本は男女のエロティシズムを描いてきた荒井晴彦。主演は数々の映画に出演し実力派俳優としての評価を高めてきた柄本佑と、廣木隆一監督の『彼女の人生は間違いじゃない』等で注目される新鋭・瀧内公美。そして濃密でポエティックな男性ヌード写真で知られる写真家、野村佐紀子がモノクロ写真とスチールを担当。

原作でも映画でも印象的に響くのが“身体の言い分”というキーワード。後先や利害に関係なく、身体の望むままに行動する。そんな劇中の二人の行動を、原作者、演者、撮影者はそれぞれどのように感じたのか。彼らの言葉に耳を傾けてみた。

演者、撮影者が体感した、それぞれの「身体の言い分」。

Sex

柄本 佑

荒井晴彦監督のファンだったので映画の話をいただいた時には単純に嬉しかった。脚本を読んで、もう世界が終わりそうだという時に、だったら自分の身体の言い分に正直にいてあげようというのが面白いなと思いました。言葉だけ聞くと自分勝手に聞こえるかもしれない。でもこのストーリーの中でこの言葉を聞くと、実直で誠実な印象がありました。

荒井さんの脚本ってチャーミング。僕が読んで感じたのは、荒井さんは普通のセックスをやりたいんだろうなということ。この映画は18禁だしベッドシーンが多いけれど、食べて寝る場面も多い。二人はどんどん原始的な、シンプルな状態になっていく。セックスは食べることと寝ることとイーブンになっていく。そこに抜けの良さを感じました。

モノクロ写真の撮影は、野村さんがディレクター、僕が司会者、瀧内さんをゲストに迎えている感じ。「脚も見えたほうがエロイよ」なんて言いながら(笑)。貴重な体験でした。

瀧内公美

脚本を読んだ時、直子が夢見ていた日常生活が描かれているなと思いました。好きな人とごはんを食べたりお酒を飲んだり眠ったりお風呂に入ったり。どれも日常的なことだけど、誰と一緒にするかで違いますよね。

直子は幼い頃、母親を亡くしています。従兄の賢ちゃんのおうちで育って賢ちゃんが一番身近な人でした。賢ちゃんの前ではどんなことをしても平気だと言っていますが、他の人とだったら恥ずかしかったり、引いてしまったりすることも、賢ちゃんとならできる。そこに気持ちがあるから、身体も動く。心と身体って本当に繋がっているなって表現しながら感じました。モノクロ写真は映画本編の撮影の前に撮りましたが、あれは過去の二人という設定。正しい時間の順序で撮影できて、気持ちが入りやすかった。演じてみて、本能のままに生きるって健康的だな、と思いました。実際の生活では難しいかもしれないけれど、シンプルっていいですよね。

野村佐紀子

私が手掛けたモノクロ写真の撮影が、お二人のはじめてのセックスシーンでした。彼らが集中している様子を見守って、淡々と撮っていく感じでしたね。賢治が撮った自撮りの写真という設定ですから、佑さんにカメラを持ってもらい、私がその腕を支えながら撮ってもらったりも。

私は普段の癖で、つい一番いい瞬間を探してしまう。でも賢治と直子は自分たちの芸術写真を撮ろうとしているわけじゃない。単に盛り上がっているだけなのか、そこに罪悪感があったりもするのか。そこは慎重に考えました。だからあえてタイミングを見計らったりはしなかったのですが、思ったよりもブレずにきれいに撮れたものが多かった(笑)。

二人の集中力がすごかったですね。お互いのちょっとした反応、ささいなやりとりを見ているのは楽しかった。何かが生まれる時って、こんなふうなんだなと思いました。二人とも、格好よかったです。

『火口のふたり』 かつて愛し合った二人が再会。快楽を求める身体の言い分に従って、5日間だけという約束のもと身体を重ねていく。「世界が終わるとき、誰と何をして過ごすか?」。その問いに対する答えを突き付けてくるような作品。R18+。監督・脚本/荒井晴彦 原作/白石一文 出演/柄本佑、瀧内公美、柄本明(父の声) 8月23日より新宿武蔵野館ほかにて上映。

公開に合わせ、フォトストーリーブック『あの頃の「火口のふたり」』を刊行。同書には白石一文が書き下ろしたスピンオフ短編も収録。また、8月10日~9月8日、新宿・B GALLERYにて、野村佐紀子 写真展「火口のふたり」も開催。

このページの写真は『火口のふたり』の映画内で、主人公の二人が若い時期に撮りためていた写真という設定で撮影されたもの。

えもと・たすく 1986年生まれ。2003年『美しい夏キリシマ』で主人公を演じデビュー。第92回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞、第73回毎日映画コンクール男優主演賞ほか受賞。

たきうち・くみ 1989年生まれ。2012年、本格的に女優として活動開始。‘17年公開の主演作『彼女の人生は間違いじゃない』で日本映画プロフェッショナル大賞新人女優賞受賞。他の主演作に『日本で一番悪い奴ら』。

のむら・さきこ 1967年生まれ。モノクロームの詩的で濃密な男性ヌード写真で知られる。『黒闇』(Akio Nagasawa Publishing)、『Ango』(bookshop M)ほか、写真集多数。

※『anan』2019年8月14-21日合併号より。写真・野村佐紀子 取材、文・瀧井朝世

(by anan編集部)

旅好き女子が大注目!次の海外旅行をメルボルンにする5つの理由って?