アンアンからニュースを配信します!

「節約」の3つの心得って? 削るべき支出の優先順位は意外にも…!

2019.5.23
節約=ネガティブなこと? その意識から変えていこう。
saving

節約と聞くと、“面倒…”“我慢しなきゃいけない”など、ネガティブなイメージを持ってしまう人も多いのでは。

「節約は堅苦しいとか、みみっちいなどと感じるかもしれませんが、それは、交際費やレジャー費などを切り詰めるところから始める人が多いからです。節約で大切なのは、お金を楽しいことに使うまでの過程で、できる限り消費を抑えること。たとえば、光熱費や日用品を買うのに必要な日常のお金は、何にいくらかかっているかということがわからないまま支払っているケースが意外と多いもの。そこを“まあ、いいや”とスルーせず、いかに無駄を削ぐかと考えることが、節約においては大切です」(節約アドバイザー・和田由貴さん)

節約3つの心得

1、よくわからずに払っているお金をなくす。

「生活をする上で、何に使っているのかわからないまま払っているお金がある人は要注意。“こういうものだから…”とスルーしていると、損をしていることに気づけません。一度、無駄がないか見直しましょう」

2、節約の目的は「生きたお金の使い方」。

「お金の目的は貯めることではなく使うこと。その過程で無駄を削ぎ、“使った感”を高めることが節約の役割です。同じ額を出すなら、何となくではなく、満足感のある“生きた使い方”をすることが大切です」

3、生活が大きく変わらない部分から手をつける。

「節約時、食費や交際費などから控え始めると、たとえば食費ならおかずが1品減るなど、生活の質がわかりやすく落ち、挫折しやすい。電気料金などの固定費をはじめ、生活が変わらない部分から手をつけて」

和田由貴さん 節約アドバイザー。「節約は、無理をしないで楽しく!」がモットー。TV出演や記事の執筆、講演など幅広く活躍。著書に『月3万円貯まるムダなし生活術』(ナガオカ文庫)など。

※『anan』2019年5月29日号より。イラスト・とくながあきこ 取材、文・重信 綾

(by anan編集部)

マネー-記事をもっと読む-_バナー

男が触れたくなる♡「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法