アンアンからニュースを配信します!

金言がいっぱい! “女性にパワーを与える”本厳選3冊

2019.4.10
本のプロ3人が教えてくれた美意識を高めたい、と願う人のための本。力強く生きる女性の姿や言葉が綴られた、品格を高められる作品たち。自分の生き方や美学と向き合い、アップデートしたい人のための必読書です。
jyosei

花田菜々子さんおすすめ
『おんなのことば』(茨木のり子)

「詩中のどの言葉も、自分を律し、自分の意志で力強く生き抜けと言ってくれているようで背筋が伸び、愉快でワクワクもします。力強く明るい詩がある一方で、早くに亡くなった夫を思い出して深い愛を綴っている詩もある。両者を比べると、“本当に美しい生き方とは何か”という答えが立ち上がってくるようで、心が震えます」

「自分の感受性くらい」「わたしが一番きれいだったとき」「聴く力」など、詩人・茨木のり子の名だたる詩を網羅。傲慢になる大人たちに対して警鐘を鳴らす、渾身の代表作。童話屋 1500円

瀧井朝世さんおすすめ
『ののはな通信』(三浦しをん)

「ものすごく大きな経験(恋愛)をしてしまった後に人はどう生きるのか。それが、二人の女性の生き方を通して浮かび上がってくるものがありました。たとえ離れていたとしても、大切だと思える誰かがいると、それが生きる希望になること、人はいくつになっても人生を切り開いていくことができる、ということを教えてくれます」

ミッション系のお嬢様学校に通う、クールで毒舌な野々原茜(のの)と天真爛漫な牧田はな。二人は親友となるが、ののははなに友情以上の気持ちを抱くようになる。KADOKAWA 1600円

三浦天紗子さんおすすめ
『ノーラ・ウェブスター』(コルム・トビーン、栩木伸明・訳)

「専業主婦から働く母へ、ノーラが少しずつ変化していくディテールが素晴らしい。久しぶりに職場復帰をするにあたり努力で自分の存在意義を作り、夫がいい顔をしないのでやめていた歌を歌い、新しい人間関係を築き、子どものために一人で学校に乗り込む。それでも、ときおりにじむ孤独。気高く生きるお手本のような主人公です」

夫を亡くし、子どもを抱えて20年ぶりに元の職場に再就職したノーラ。同僚の嫌がらせにもめげず、自己を立て直し、生きる喜びを発見していくさまを丹念に描く。新潮社 2400円

※『anan』2019年4月17日号より。写真・内山めぐみ 取材、文・重信 綾

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

旅好き女子が大注目!次の海外旅行をメルボルンにする5つの理由って?