アンアンからニュースを配信します!

シャネルの春夏新色をチェック! モチーフに“東京の日常”を

2018.12.24
気になるコスメの開発秘話をお届けする「コスメラボ」。今回はシャネルの「パンソー イルミナトゥール レトラクターブル 105」、「ボーム エサンシエル」全2種です。

幸福感あふれる美人顔へ導く秘密兵器、誕生!

コスメラボ

新しい一年の幕開けとともに、繊細な輝きに満ちたシャネルの春夏新色コレクションが到着。シャネルのカラーアイテムの多くは、同ブランドのグローバル クリエイティブ メークアップ&カラーデザイナーのルチア ピカ氏が毎年出かける撮影旅行からヒントを得ていることが多い。今回の春夏コレクションのモチーフとなっているのが、日本と韓国だという。

「東京の市場に並んだ魚や街にかかる電線、さらには“わび・さび”の文化など、日本人だとつい見過ごしてしまいがちな多くの何気ない日常の光景に、彼女は感銘を受けました」(シャネル香水・化粧品 PRコーディネーター・関菜美子さん)

アイカラーやリップなどがラインナップする中、ピカ氏が大切にしている“光の使い方”が強く反映されているアイテムが、肌にみずみずしいニュアンスを与えるスティックタイプのフェイスカラー「ボーム エサンシエル」。

「シャネルの2019S/Sのランウェイメイクでもたくさん使われたアイテムです。透明ながらわずかにピンクがかった光を与えて、肌をフレッシュかつふっくら立体的に演出するトランスパランと、サテンのように輝く淡いピーチカラーのスカルプティングの2種が登場します。立体感が欲しいときはもちろん、チークベースとして使えば濡れたようなツヤ感が得られたり、眉骨の上にのせると骨格が強調され、洗練された顔立ちに出合えたり、使い勝手の幅が広いのも魅力です。同時発売されるメイクブラシ『パンソー イルミナトゥール レトラクターブル 105』で、ボーム エサンシエルの表面を優しくなでるようにとってから肌へのせると、ファンデーションの上に重ねてもくずれにくく、よりナチュラルな仕上がりに」

わずかな光やツヤの差で、表情が洗練される喜びを堪能して。

濡れたようなツヤと繊細な輝きを肌に与えてフレッシュに彩るフェイスカラーと、専用に開発されたメイクブラシが登場。すべて1月4日発売。写真右から、¥4,200 トランスパラン、スカルプティング各¥5,500(シャネル TEL:0120・525・519)

※『anan』2018年12月26日号より。写真・田村昌裕(FREAKS) スタイリスト・荻野玲子 取材、文・北川真澄

(by anan編集部)

男が嫌う「NG美容法」をもっとチェック_バナー

お肉×ビール、それから私…! 愛が高まる「冬のおうちごはん」レシピ