アンアンからニュースを配信します!

須賀健太、演劇「ハイキュー!!」を卒業 少し未練あり?

2018.10.21
青春バレーボール漫画「ハイキュー!!」舞台化について、主演・須賀健太さんにお話を伺いました。
タレント

「僕らがしんどければしんどいほど、この作品はいいものになると思う」

「舞台をやり始めたのは18歳の時。間違いなくこの作品が、いまの僕の代表作になっています」

そう須賀健太さんが話すのは、古舘春一さんが『週刊少年ジャンプ』で連載中の青春バレーボール漫画「ハイキュー!!」を舞台化した作品。演じているのは、高さが勝負の世界で、小柄ながらずば抜けた運動神経とバレーボールへの情熱で活躍の道を切り拓いていく主人公・日向翔陽。

「もしやるならば、自分が日向を演じたいと思っていました。僕も役者としては背が小さい方。オーディションで、芝居はいいけれど背が足りないと言われることがあったりして、自分にドンピシャだったから」

物語の軸になるのはバレーシーン。

「この作品の素敵なところは、勝った方だけをフォーカスするのではなく、負けた人たちの思いもちゃんとすくい取られているところ。漫画なんだけれど普通に生活する人たちが描かれていて、嘘がないから誰もが共感できる。ただ、バレーを通じて登場人物たちが人として成長していく物語だけに、試合をどう舞台で見せていくかが重要。“ハイパープロジェクション演劇”と言うだけあって、その臨場感や迫力を表現するのに最新の映像技術を駆使しているんですが、棒をつけたボールも使ったり、演劇のアナログな魅力も取り入れているのが面白いと思います」

若いキャストが多いなか、子役時代から役者としてキャリアを積んできた須賀さんの存在は、カンパニーの大きな柱になっているよう。

「僕らがしんどい思いをすればするほどよく見える…お客さまが応援したくなる作品になっていると思っています。だから、つねにしんどい方を選ぶようにしてきました。それが結果的に良かったのかな」

工夫の詰まった演出とキャストの熱が融合し、‘15年の初演から好評を博し、ここまでシリーズ5作を上演。そして今回の公演で須賀さんを含む烏野高校キャストが作品を卒業。

「毎回、次の公演が決まっていないことが多かったので、ここまで続けられたんだってことが嬉しいです。ただ、もし続くのなら、このエピソードで卒業しようと思っていました。烏野メンバーの中には、僕がいたから続けてきたと言ってくれる人もいて、そういうみんなと一緒に、自分がやりたかったところまで日向を演じさせてもらえて幸せです。…とはいえ、漫画は現在進行形で続いていますから、読みながら、今週号のここやりたかったな、みたいな気持ちにもなるんですけど(笑)」

すが・けんた 1994年10月19日生まれ、東京都出身。4歳から子役で活躍し、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』などに出演。近作に劇団☆新感線『「髑髏城の七人」Season月』など。

衣装協力・meagratia TEL:03・4283・2754 NOT CONVENTIONAL TEL:03・3405・7414

『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“最強の場所(チーム)”』 春高バレー宮城県予選で、日向(須賀)の所属する烏野高校排球部は、ついに因縁の相手・青葉城西高校と対戦する。勝ち残った方が王者・白鳥沢学園と決勝で戦うことになるが…。10月20日(土)~28日(日) 水道橋・TOKYO DOME CITYHALL 原作/古舘春一「ハイキュー!!」(集英社『週刊少年ジャンプ』連載中) 脚本・演出/ウォーリー木下 S席8800円 A席6800円(共に税込み) ネルケプランニングTEL:03・3715・5624(月~金曜11:00~18:00) 広島、兵庫、大阪、宮城、東京凱旋公演あり。©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 
www.engeki-haikyu.com/

※『anan』2018年10月24日号より。写真・水野昭子 スタイリスト・立山 功 ヘア&メイク・狩野典子 インタビュー、文・望月リサ

(by anan編集部)


#タレント記事をさらにチェック!
#悩みの記事を覗いてみる!
衝撃すぎる!あのカルピスの「新しい味」知ってる?