アンアンからニュースを配信します!

原作者と作画担当は仲がいい? ジャンプ人気連載チームに聞きました!

2018.7.27
週刊少年ジャンプで好評連載中の作品『アクタージュ act-age』。原作者と作画担当のお二人の信頼関係は、互いの才能への敬意が基盤になっていました。

「予想以上のものが相手から返ってくる感動があります」

マンガ

――一緒にお仕事をされることになったきっかけは?

マツキタツヤ:もともとデビュー前に、僕がつたない漫画を描いて、ツイッターにアップしていたことがあったんです。それを誰かがリツイートしてくれて、宇佐崎さんが反応してくれたのが始まり。ちょうど2年前くらいですね。

宇佐崎しろ:「面白いです!」ってリプライを飛ばして、フォローさせていただいたんです。

マツキ:それから僕もツイッターにアップされている宇佐崎さんのイラストを見て、「この人、絵がうまいな」と思って。そんなとき、週刊少年ジャンプがやっている原作志望者を対象にした漫画賞「ストキンPro」に入賞しまして、応募作品「阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ」の掲載権をいただいたんです。作画を当てないといけないということになり、担当編集の方に「誰かいる?」と聞かれ、宇佐崎さんの名前を出しました。そしたら、担当編集の方も以前からツイッターを通して宇佐崎さんの存在を認識していたようで、その場で「僕から連絡しておくから」と(笑)。

宇佐崎:それまでは好きなキャラクターの絵ばかり描いていたのですが、漫画を描きたい気持ちはあって。自分では話が書けなかったので原作つきというのは魅力的なお話でした。しかもそれが、自分からフォローしたマツキさんだったのも大きかったです。

――まさにドラマのような展開ですね…。お二人は、お互いの作品のどこに惹かれたんでしょうか?

宇佐崎:初めてツイッターで見たとき、ネーム(下書き)くらいのラフさで描かれていても、その段階ですでにキャラクターに興味が湧いたというか。きっとこの子はこういう子なんだろうなぁ…という想像が、ちゃんとした作画でなくても伝わってきたんです。

マツキ:僕は表情とデザイン性です。特に喜怒哀楽を読む側の解釈に任せるような絶妙な表情が好きです。『アクタージュ』の連載が始まってからは、すごくざっくりとしたキャラクター像を伝えて、返ってきた絵に合わせて当て書きをしている部分も結構あるんです。特に、湯島茜や源真咲というキャラですね。

――お二人の信頼関係の土台には才能に対する尊敬があるのですね。

マツキ:信頼関係ができているからこそ、ネームの絵もどんどん雑に…。「宇佐崎さん助けて~」という気持ちでやっています(笑)。

宇佐崎:でもキャラクターがわかってくれば、結構簡易な絵のネームでも伝わってくるので(笑)。

――意見が食い違ったり、衝突することはないんですか?

宇佐崎:ありますね。マツキさんのイメージと私の絵の方向性がだいぶ違ってしまったときとか。

――そんなときどう軌道修正を?

マツキ:まず、否定はしない。

宇佐崎:そうですね。私もそう心がけてはいますね。

――コミュニケーションをとりながら作業を進めていく上で、大事にしていることは?

宇佐崎:相手にも毎週締め切りがあることを念頭に置く(笑)。それを理解した上で、モヤモヤすることがあったらそのままにしない。疑問があったらすぐに連絡する、ということは意識しています。

――コミュニケーションを結構密にとっていらっしゃるんですね。

マツキ:宇佐崎さんは問題点を明確に伝えてくれるので、わけがわからないままに話が終わることがないんです。たとえいっぱいいっぱいのときでも「今は締め切りがやばいので、それは後にしてほしい」ということもはっきりと言ってくれますし。

宇佐崎:わからないことや疑問に思うことはすぐに聞ける距離感でいたいなとは思っていて。会話をするのが億劫になるくらい距離を置いてしまうと作品に支障が出るので、お互いが喋りやすい空気になるように気を使っている部分はありますよね…?

マツキ:そうですね。距離が近すぎても、逆に言いたいことが言えなくなってしまうので。

――ズバリ、チームの強みは?

マツキ:他人の意見を受け入れる態勢が二人とも整っていること。だから自分のエゴを持ちつつも、相手のエゴもきちんと理解して、大切にしようと思っていますし。

宇佐崎:その両方をまとめて一つの作品に生かせる。それがチームの一番の強みのような気がします。

原作をマツキさん、作画を宇佐崎さんが担当。2017年『週刊少年ジャンプ』掲載の読み切り「阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ」で初タッグ。2018年、初の連載作品「アクタージュ act-age」がスタート。8月3日に単行本第3巻が発売予定。

うさざき・しろ 1997年12月27日生まれ。作画担当。2017年に18歳にして、「阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ」でデビューし、新人とは思えない画力の高さで話題を集める。ツイッターは@uszksr

まつき・たつや 1991年5月29日生まれ。原作担当。週刊少年ジャンプによる「第2回ストキンPro」の準キングを受賞し、「阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ」でデビュー。ツイッターは@machi8mura

※『anan』2018年8月1日号より。写真・土佐麻理子 インタビュー、文・菅野綾子

(by anan編集部)

#仕事記事をさらにチェック!
#本記事をさらに覗いてみる!
美スッピン肌への第一歩!美容ライターがこぞってトライする検定って?