アンアンからニュースを配信します!

ウィリアム・クラインの作品も! 都市の熱気を感じる写真展

2018.3.12
写真家たちの眼差しがとらえた都市の熱気を感じることができる、『写真都市展-ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-』。
ART

ウィリアム・クライン(1928年~)は、紛れもなく20世紀を代表するスター写真家のひとり。1956年にデビュー写真集『ニューヨーク』が出版されると、ブレていたり、ピントがボケていたりする型破りな手法が世界に衝撃を与えた。粗くザラザラとした粒子がニューヨークの熱気や疾走感を表していて、これだけ写真表現が多彩になった現代でも、見る者を高揚させるようなエネルギーを放っている。その後も、ローマ、モスクワ、東京、パリといった都市を撮り続け、映画監督やデザインなどの分野でも活躍した。

そんなウィリアム・クラインの写真とともに、現代アジアの若手写真家たちの作品を展示する本展。20世紀に始まり、21世紀の現在、そして未来の22世紀までを見通しながら、写真に写し出された都市のビジョンを対比。新しいテクノロジーによる表現の可能性も示す展示内容になっている。展覧会ディレクターは、東京藝術大学教授の伊藤俊治氏。映像作家TAKCOMによる、ウィリアム・クラインの写真を使ったマルチ・プロジェクションも必見!

21_21 DESIGN SIGHT 東京都港区赤坂9‐7‐6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン 開催中~6月10日(日) 10時~19時(5/26は~23時。入場は30分前まで) 火曜休(5/1は開館) 一般1100円ほか TEL:03・3475・2121

ウィリアム・クライン「Wings of the Hawk, New York 1955」

※『anan』2018年3月14日号より。文・黒澤 彩

(by anan編集部)

#仕事記事をもっと読む。
#写真に関する記事を読む。
長時間のデートでも快適&ふんわりスカートを実現! airCloset×旭化成のオリジナルペチコートが優秀すぎる