アンアンからニュースを配信します!

大泉洋「愛する人たちへの感謝」 TEAM NACSが語る人生哲学

2018.2.28
何を目指して、いかに生きるか――。大きすぎるテーマだから少々ひるんでしまうけれど、主体的に生きたいと思うなら、向き合うことが必要だ。確固たる“軸”を定め、より豊かに生きるには一体何が必要か、TEAM NACSに「あなたの人生哲学はなんですか?」と聞いてみました。
TEAM NACS

安田顕さん
明確な意思を持たず生きてきた。それが自分のあり方かも。

振り返ると、僕はこれまでゆるゆる生きてきたというか…。「海賊王におれはなる!」という漫画のセリフ(『ONE PIECE』)がありますが、“なる”ってとても強い言葉ですよね。そういう明確な意思のもと人生を歩んできた自信はなくて。役者にしても学生時代から好きなことをやってきた延長で、“なる”ではなく“なりたいなぁ”と思ってここまで来ているから。でも、そのスタンスが結果的に自分の人生哲学と言われれば、そうなのかもしれませんね。 大人と見られる年齢になったいま、僕の中に芽生えているのは若い人たちを応援する気持ち。輝く感性や目標を前に、何かしてあげたい。そう思えるのは、自分が精神的にも大人になれたからかな。

やすだ・けん 1973 年生まれ。2008年放送のNHK連続テレビ小説『瞳』に出演し、注目を集める。今年は映画『不能犯』や『北の桜守』『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』などに出演。

大泉洋さん
愛する人たちへの感謝を忘れずに、ただ、楽しく生きる。

僕が生きる上で大事にしているのは、“出会った人たちへ、常に感謝を忘れない”こと。ある占い師の方に、僕は〈家督の人〉だと言われたことがありまして。確かに、本当の家族はもちろん、地元北海道、ナックスの4人、北海道で一緒に番組をやってるスタッフなど、周囲の人への愛情は、深く濃いほうだと思います。なので、本質的には自分から前に出るのは苦手ですが、周囲に「大泉、面白いことやってよ」と言われると張り切るし、「お前しかいないんだよ、頼むよ」と押し出されると、応えなきゃって思います。

でも人生哲学とか、生きる上での座右の銘、そういうの、本当に何もない(笑)。結局は、楽しく生きられれば、それで十分です。

おおいずみ・よう 1973年生まれ。3月には海賊船船長役で声の出演をした『映画ドラえもん のび太の宝島』が、5月には主演映画『恋は雨上がりのように』が公開。他、多数映画の公開が控えている。

戸次重幸さん
乗りたい風に乗り遅れぬよう一歩を踏み出す。

僕は漫画が非常に好きで、人生の歩み方や真理を教えてくれるツールだと思っています。漫画家さんが労力や時間を費やして学び、経験したことが集約されている作品を読むことで、効率よく、楽しく先人の教えを吸収することができる。壁に直面した時は、好きな漫画のセリフを指標にしてきました。藤田和日郎先生の『うしおととら』には、いい言葉がたくさん。なかでも、“とら”の言った「乗りてえ風に乗り遅れたヤツは間抜けってんだ」というセリフは、ことあるごとに思い出します。いま自分に吹いている風は何だろうと考え、わかったら、乗り遅れないために一歩を踏み出す。勇気がいることだけど、“とらが言ってるから大丈夫”って、頑張れるんです。

とつぎ・しげゆき 1973年生まれ。映画やドラマ、バラエティ番組を中心に活躍。現在、『電影少女‐VIDEO GIRLAI 2018‐』(テレビ東京)に出演中。映画『恋は雨上がりのように』は5月25日に公開。

音尾琢真さん
ピリピリした空気の時、和らげるような言葉をかけられる人に。

大きな理想を言っちゃうと、万人に優しい人になりたいんです。誰にも、ピリピリしたりモヤモヤしたり、ネガティブな気持ちが湧き上がる時がありますよね。そういう嫌な感情は、周りを巻き込みやすい。その無駄な連鎖を断ち切るためにも、誰かがネガティブな気持ちになった時、それを和らげる言葉をかけられるような人でいたいと思っています。そこを基本に、最終的に目指すのは世界平和なんですけど…さすがに壮大すぎますよね(笑)。座右の銘は、高校の男子新体操部の練習場に書かれていた「克己心」…己に克つ心です。僕自身、ネガティブな感情に囚われる時もあるし、甘えも出てくる。でも、そんな自分を律して心を制御できる人が目標です。

おとお・たくま 1976年生まれ。大学在学中にチームナックスに最年少メンバーとして参加。昨年末のドラマ『陸王』や公開中の映画『祈りの幕が下りる時』など話題作に次々出演している。

森崎博之さん
言葉は相手へのギフト。いつも、人を和ませる存在でありたい。

昔から長男気質で、まとめ役。自分が牽引しなければ、と気負っていた時期もりました。でも、ある、気づいたんです。集団は、まったく違う人間が集まるから面白い。一方向に引っ張るのではなく、みんなの価値観のギャップを埋めてチームを形るのがリーダーの当の役割では、と。そんな時に知ったのが「和顔愛語」という言葉でした。「表情と言葉は相手のためにある。常に柔和に、愛のある言葉で接せよ」という意味ですが、これが自分の道だと心に響いたんです。気ままな仲間たちに相変わらず「このやろ?!」と頭にくることも多いけど(笑)、笑っていられるようになった。目の前の人を全力で安心させる、そんな人間でありたいです。

もりさき・ひろゆき 1971年生まれ。北海学園大学時代にチームナックスを結成。リーダーを務め、多くの作品の脚本・演出を担当。2008年よりHBC『あぐり王国北海道NEXT』に出演。

※『anan』2018年3月7日号より。写真・伊藤彰紀(aosora) スタイリスト・九(Yolken) ヘア&メイク・西岡達也(ラインヴァント) 白石義人(ima.) 横山雷志郎(Yolken) 文・新田草子 保手濱奈美 重信 綾 河野友紀 望月リサ

(by anan編集部)

#タレント記事をさらにチェック!
#悩み記事をさらに覗いてみる!
長時間のデートでも快適&ふんわりスカートを実現! airCloset×旭化成のオリジナルペチコートが優秀すぎる