アンアンからニュースを配信します!

日本のアニソンここにあり! 岡崎体育のイチオシは“あの名曲”

2018.2.14
岡崎体育の連載「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「アニソン」です。
岡崎体育

小学生のころ、僕が住んでいるところとその隣の町内だけ、なぜかテレビ大阪が映らなかったんです。テレビ大阪は、アニメが強いテレ東系列です。学校では、観られる人と観られない人が半々くらいで。観られる側のやつらは、新興住宅地エリアに住んでいてスクールカーストも高めの連中。そいつらが盛り上がっているアニメの会話に入れないっていうのは、けっこうコンプレックス…劣等感がありましたね。

『ポケモン』だけは何週か遅れでKBS京都が放送してくれてたので周回遅れでなんとか観ていました。そんな僕が『ポケモン』のエンディング曲を書かせていただいているんですから、本当に衝撃です。映らない側やったのにって。僕の曲が流れる初回の放送は、銀座のホテルでマクド食べながらひとりで観ました。実家やったらおかんとかおじいやおばあと観られたんですけど、仕事だったんでひとりきりで画面を携帯で録画しながら震えて観ました。

アニソンを書かせてもらうってなって、子供が口ずさみたくなる子供のための曲にしたいって強く思いました。最近のアニメでは、作品自体に全然関係ないバンドの曲が主題歌になることとかあるけど、そういうのは違うかなと…。アニソンって、子供たちが幼稚園や保育園のお遊戯以外で初めて通る音楽の入り口。子供たちが好きなアニメのための、アニメをより楽しくする曲にしたかった。とはいえ、レベルを下げることはしなかったです。子供は意外と、難しい言葉が入っていたり、ラップみたいな早口がある歌が好き。音程も高低差あるほうが、変化があって楽しめる。

子供向けに限らず、2000年代以降のアニソンってすごく複雑です。声優さんが歌う楽曲が増えて、オリコンの上位を独占したりする。僕たち普通のミュージシャンとは別物の独自の文化が形成されていると思います。なかでも僕は『カードキャプターさくら』の主題歌で坂本真綾さんが歌う「プラチナ」が好きです。2000年代以降のアニソンの集大成といえる一曲。この曲、コード譜を見るとめちゃくちゃムズイんです。映画やアニメの音楽プロデューサーとして知られる菅野よう子さんの楽曲で、心理的に刺さるコードや音楽理論を追求した玄人感がある。日本のアニソンここにありって感じがします。とはいえ、僕、実は萌え系アニメがあまり得意でなく。2次元でも女子のキャピキャピ免疫がないんです。

おかざき・たいいく 2016年メジャーデビュー。NHK Eテレ『天才てれびくんYOU』にレギュラー出演中。3/25より岡崎体育ワンマンツアーがスタート!

※『anan』2018年2月21日号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・村田真弓 文・梅原加奈

(by anan編集部)

#タレントの記事をもっと読む。
#岡崎体育をさらにチェック!
【女性必見】彼に褒められるバストの育て方 日本一予約の取れない整体師直伝!「美乳強化塾」