アンアンからニュースを配信します!

マギー「生で観るのが一番!」バスケBリーグの楽しみ方を伝授

2017.10.27
子供の頃からバスケを愛してやまないマギーさんの、初心者も絶対ハマるBリーグ観戦ポイントを大公開。
2075_P036-039_Bリ-グ3

小学校、中学校とガチにバスケに取り組んでいたモデルのマギーさんにとって、Bリーグ観戦は最高のイベント。

「とにかく、生で観るのが一番! スピーディな試合運びで、会場全体が盛り上がります。バスケ初心者の人でも、試合を観に行けば、音楽のライブみたいな感覚で、絶対声を出したくなると思います」

初めて行くなら、少しバスケに詳しい人と一緒がいい。

「バスケファンを増やしたいので、私もよく友達を誘って行きます。試合前にポイントや注目選手を教えるので、一緒に行った子は必ず楽しんでくれていますね」

あとは、試合会場のノリに任せて盛り上がるのみ。

「バスケはエンターテインメントなんだと実感しますよ」

【基本のルール】
選手は1チーム5人配置。基本は、試合の司令塔のポイントガード、外からの攻めが得意なシューティングガード、仕掛け上手で得点力のあるスモールフォワード、強さとしなやかさのあるパワーフォワード、リバウンドの要であり、ゴール下を支配するセンターで構成。得点はシュートにより1〜3点が加えられる。Bリーグは10分×4回の4クォーター制で、高得点チームの勝利。

観戦中は、好きな選手を見つけよう!

「選手ごとにプレースタイルが違うので、自分の好みに合う選手を見つけて応援するといいかも。私は、同い年の富樫勇樹選手に注目しています。身長は167cmと選手の中でも小さいんですが、とにかく動きがスピーディ。身長のハンディを覆す足の速さと、ちょこちょこフェイントをかける細かい動きが見ていて面白いんです」

・富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)

スクリーンショット 2017-10-18 11.22.20

田臥勇太選手に続く日本人2人目となるアメリカNBAのチームと契約を結んだ経験も。昨シーズンのオールスターゲームではMVPに。

選手の個性あるプレーをチェック。

「日本はプロリーグが始まったばかりなので、アメリカと比べると、まだエンターテインメント色が弱い部分があるんです。でも、個性溢れるプレーを見られるのがバスケ観戦の醍醐味なんじゃないかと思います。ものすごいスピーディなドリブル、美しいシュート、豪快なダンクなど…。その人ならではの持ち味やプレーが見られると、会場中がワッと盛り上がるんです」

・馬場雄大選手(筑波大/アルバルク東京)

2075_P036-039_Bリ-グ5

現役大学生ながらBリーグにも所属。豪快なダンクは必見!ダンクシュートがすごい!

会場の熱が伝わる真ん中前方の席を押さえて。

2075

「ゴール裏は選手がシュートを決める瞬間を間近に観られて興奮できますが、試合全体の流れを掴むのにはちょっと難しいかも。おすすめはコート真ん中前方の席(下図、赤い席)。バスケは特に後半に向けてどんどん動きが速くなっていくので、臨場感溢れるプレーを楽しめるはずです。観戦に慣れてきたら、自分好みの特等席を見つけて」

ライブ感ある音楽やチアで盛り上がろう!

2075_P036-039_Bリ-グ7

「バスケの試合は、オープニングショーや、チアリーダーたちが盛り上げるハーフタイムショーも見ものです。アリーナが暗転して光の演出があったり、音楽がガンガン鳴って、ライブ会場みたいな雰囲気になります。チームごとの応援ソングを歌ったり、タオルを振って盛り上がるなどのパフォーマンスを、会場と一体になって楽しめます」

グッズを買って帰るのも思い出に。

2075_P036-039_Bリ-グ8

試合会場では、タオル、Tシャツなどチームカラーに合わせたデザインのグッズはもちろん、メガホンや光るグッズなど、応援グッズも豊富。日常でも使える、女性好みのアイテムも可愛い。「試合中に使うのはもちろん、買って帰ると観戦の思い出にもなりますよ」。ビールなどの飲み物やフードも売っていて、楽しい観戦をバックアップ。

モバイルスタンドリング¥1,000(すべて税込み)

マギーさん 1992年生まれ、神奈川県出身。モデル。中学時代はバスケットボール部でキャプテンも務めた。日本テレビ『ヒルナンデス』に出演など多方面で活躍中。

※『anan』2017年11月1日号より。写真:Getty Images

(by anan編集部)

黒い絵が何に見えるかで分かっちゃう! あなたの“ストレスのもと”


あのバングル、実は運気をUPする?! 噂のおしゃれアイテムを調査