アンアンからニュースを配信します!

女優・内藤理沙 演技することが「苦手というか“嫌い”に近かったかも(笑)」

2017.6.4
今、注目の女の子を紹介する『anan』で連載中の「イットガール」。今回は女優の内藤理沙さんです。

小悪魔的な役が多かったけど、そろそろ悪女に挑戦してみたい。

イットガール

ドラマ『女囚セブン』に出演中の内藤さん。意外なことに、元々演技に苦手意識があったそう。

「苦手というか“嫌い”に近かったかも(笑)。一昨年出演した『ドクターX』の撮影で、監督にとてつもなく怒られたことがあり、初めて心が折れて。それが怪我の功名となり、演技と向き合うようになりました。今は、監督と話してひとつの役を作り上げることにやりがいを感じています」。

憧れは、米倉涼子さん。「私も人にかっこいいと言われる女性になりたい。当面の目標は、悪女を演じること!」

いろんなホテルを巡っています

it2

アフタヌーンティーが大好きなんです。甘いものも、気にせずペロリ。

御朱印集めは一生の趣味にしたい!

イットガール

芸能の神様といわれる、京都の車折神社にて。御朱印帳は現在2冊目です。

元ラガーマンの父とラグビー観戦。

イットガール

父が社会人チームの元選手なんです。いつも横で解説してもらっています。

ないとう・りさ 1989年生まれ。「第8回全日本国民的美少女コンテスト」出場を機にデビュー。『女囚セブン』(テレビ朝日系)では、新人刑務官・立原桐子を演じている。

※『anan』2017年6月7日号より。写真・土佐麻理子 ヘア・黒瀬将克(MARIS HairSalon) 文・間宮寧子

(by anan編集部)

【人気記事】
「生命線が短いと早死に」って本当 ? 手相の基本を専門家が解説!
【代謝コントロール】総研ダイエット部始動! PR


【ちょッ…惚れたわ!】男が思わず「ドキッとする」女友達からのLINE