アンアンからニュースを配信します!

池松壮亮がガス抜き! 石橋静河が撮影現場で苦悩の3週間

2017.5.21
詩人・最果タヒが紡いだ詩をもとに美しい恋愛映画が作られた。石井裕也監督『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』。都会の中で、もがきながら生きるヒロイン“美香”を演じた石橋静河さんは、コンテンポラリーダンサーでもある新人女優。
石橋静河

「撮影中は目まぐるしくて、洗濯機でグルグル洗われているみたいだった」と言う石橋さんに、撮影当時の想いを聞いた。

「監督から“もっとがんばれ”“負けるな”と言われ続けてぺしゃんこでした。何をどうがんばればいいのか、どっちの方向に走っていくのが正しいのか、迷いに迷って。現場では息抜きできるような時間はゼロ。共演の池松壮亮さんがガス抜きしてくれたのですが、私は力みが取れぬまま。映画が完成した今も悔しくて」

朝早く電車に乗って現場に出向き、渋谷や新宿の街中で撮影。まわりはスクリーンで見た大物俳優ばかり。密度の濃い3週間を過ごした。

「家に帰るのが嫌でした。美香の生活の大変さが彼女の性格を作っていると思ったので。家に帰ると気持ちが断ち切れちゃいそうで怖かったんです。なので、どこにいても気持ちが休まらないようにしていました」

苦しみながらも、役を掴んだ手触りが「ひとつだけあった」という。

「美香を演じ始めて、喉の奥が詰まったように痛みだしたんです。ポリープかと思ったけど違って。言いたいことを上手く言えず、自分を表現できない彼女の心の苦しさが、私の喉を詰まらせたんだって。美香を体で感じられて嬉しかったです」

石橋静河

こうして話す姿は孤独を抱えて生きる美香とは違って柔和だ。しかし、石橋さんの中にも美香のような鋭さや強さがある。監督はそれを知って叱咤激励を続けたのではないか。ダンスで培った身体感覚と負けない心を武器に、石橋さんはひとつひとつの作品と全力でぶつかっていく。

「今回は緊張ばかりしていたけど、次は失敗を恐れずのびのびやりたい。挑戦するのだけはやめません」

いしばし・しずか 1994年生まれ。女優。4歳からクラシックバレエを学ぶ。’15年より役者としても活動。’17年、映画『PARKS パークス』『うつくしいひと サバ?』に出演。

トップス¥22,000 スカート¥38,000(共にCINOH/MOULD TEL:03・6805・1449) リング¥29,000(MAYU/Stroller PR TEL:03・3499・5377)

東京の片隅で信じられるものを探しながら生きる慎二(池松壮亮)と美香(石橋静河)は絶望と希望のはざまで出会った…。石井裕也監督が最果タヒの詩集をもとに描いた恋愛映画。都内先行公開中。5月27日より全国公開。(C)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

※『anan』2017年5月24日号より。写真・藤田慎一郎 スタイリスト・ヤマモト ヒロコ ヘア&メイク・杉本佳織 インタビュー、文・吉田直子

(by anan編集部)

【人気記事】
下半身太りを起こす「NG動作」 小さなクセが大きな歪みに…
【代謝コントロール】 ダイエット部ためこみ改善メニュー紹介 PR

【男子戦慄…】血の気が引いた「彼女からの恐怖LINE」2選