挿入の角度が重要! エッチ中女性が「気持ちよく感じられた体位」エピソード

文・塚田牧夫 —
本来なら気持ちいいはずのエッチが「気持ちよさが分からない」という女性も意外と多いのです。また、「イキたいけどイク感覚が分からない」という人もいますよね。そんなときは、体位を工夫することで改善される場合があります。そこで、“気持ちよく感じられた体位”について、男女にエピソードを語ってもらいました。

カラダを密着させて

「以前までエッチは、“気持ちいい”というよりは、好きな人と繋がって“心地良い”という感覚でした。でも、今の彼とエッチするようになって気持ち良さが分かってきました。

彼は正常位のときに、抱きしめてきてカラダを密着させるんです。するとアソコがこすれる感覚がしばらく続いて、ぼんやりと気持ちよくなっていくんです。やっと感覚をつかんだ感じです」ミク(仮名)/24歳

カラダを密着させることで、クリトリスが刺激されるんでしょう。その感覚がつかめれば、だんだんと別の体位でも感じられるようになるかもしれません。

腰の下に枕を置いて

「僕の彼女は、中であまり感じないタイプだったんですね。そこで、挿入の角度が悪いのだろうと思い、正常位中に彼女の腰の下に枕を入れて、角度をつけてみることに。

すると彼女は“気持ちいいかも”と好反応。さらに枕の位置を調節してベストな角度を見つけた結果、今では彼女も中でイケるようになりました」カズト(仮名)/27歳

角度を調節することで、彼女のGスポットが上手く刺激されるようになったんでしょう。男性器もそれぞれ形や角度に違いがあるため、枕などを使ってちょうどいい角度に調節することも必要です。

横向きに寝て後ろから

「私が好きな体位は、2人とも横向きに寝て、後ろから挿入してもらう体位です。普通のバックだと、私にはちょっと激しすぎて、気持ちいいとは思えないんです。

でも、横向きに寝た状態でのバックにはそれがありません。安心感があって感じやすくなります」エリカ(仮名)/26歳

いわゆる「側位」という体位ですね。普通のバックより男性の動きが制限されることで、激しさが減少します。穏やかな刺激を感じられるから好きだという人も多いようですね。

コタツの中で

「彼の家にはコタツがあるんですが、ふたりで向かい合って入っていたら、彼が足でちょっかいを出してきたんです。私がやり返したところ、お互いにだんだんとムラムラしてきてしまい、そのままの状態でエッチしちゃいました。

コタツに入ったままの挿入なので、かなり強引な体勢です。でも、入る角度も丁度良くて、すごく気持ち良かったんです」ユリコ(仮名)/30歳

これは「こたつ隠れ」という対面座位の一種ですね。いつもとは少し違った挿入角度になるため、気持ちいいと感じる人もいるようです。もちろんコタツがなくてもできる体位なので、普段のエッチに取り入れてみてはいかがでしょうか。

“女性が気持ちよく感じられた体位”をご紹介しました。

彼にお願いすれば、喜んでいろんな体位を試してくれるはずです。積極的に取り組んでみてはいかがでしょうか!

©Dmitry Belyaev/gettyimages
©South_agency/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。