アンアンからニュースを配信します!

「不倫相手から逃げて」脳科学専門家がアドバイスするワケ

2017.2.28
『anan』読者から寄せられた恋愛相談を、脳科学の視点から一刀両断。

具体的なシチュエーションに合わせた、脳科学コメンテーターの黒川伊保子さんのわかりやすい回答は、当事者ではないあなたのお悩みにも応用できる内容になっています。

「私だったらどうするか」を想定しながら読めば、あなたも恋愛脳のマスターに!

恋愛脳

既婚の上司と不倫しています。彼との未来はありますか? 24歳・受付さんの場合

「既婚者は包容力があって魅力的に感じるかもしれませんが、それは当然。彼らは経験上女性脳をよく知っているので、独身男性より気が利いて見えるだけ。また、不倫相手が妻を捨ててあなたと結婚する可能性は、極めて低いです。男性脳は、自分の定番の場所(妻)を捨てようと思うことはまずありません。小学生が小学校を辞められないと思っているのと同じくらい、当然のものとして家に帰ります。結婚や出産を望んでいるなら一目散に不倫相手から逃げて」

長く付き合っていて、今やセックスレスに。直す方法は? 30歳・不動産関係さんの場合

「同じ相手に発情する期間は3年ほど。付き合いが3年以上経っているなら、性欲が落ちてくるのは仕方のないこと。これまで付き合ってきた時間を無駄にしたくないと意地で続けていても、性的関係が復活することはほとんどありません。どうしても彼がいいということなら、49日間会わない期間を強制的に作ってみましょう。49日は、脳神経回路が新しい環境に慣れるのに必要な日数。これまでの関係がリセットされ、新たな気持ちで向き合ったときに、やはりこの人しかいない、とお互いに盛り上がれるかどうか。盛り上がったらその瞬間を逃さず、一気にゴールインに持ち込むくらいの気概が必要。それでもダメだったら、潔く別れて別の人を探すべき」

ダメ男ばかり好きになってしまいます。私に問題があるのでしょうか? 29歳・金融関連さんの場合

「ダメ男に発情するのは、つまりあなたが優秀だからです。男と女は遺伝子の相性で惹かれ合うもの。生物多様性の論理からいっても、自分と正反対な遺伝子を求めてしまうのが自然の摂理です。例えば、お金にしっかりしていたり、誠実な人ほど、その真逆な異性に惹かれてしまいがち。あなたの遺伝子が求めているから、ダメ男を選んでしまうのです。惚れたダメ男か、あるいは発情しないけれど条件的に理想の男か、どちらを選ぶかは自分で決めないといけません」

女性・ブラウス¥12,000(カージュ/カージュ ルミネエスト新宿店TEL:03・5312・7597) スカート¥17,000(ソーノ/ミラクTEL:03・5775・4655) チョーカー¥30,000(アガットTEL:0800・300・3314) ブーティー¥49,000(ネブローネ/フラッパーズTEL:03・5456・6866) 男性・シャツ¥28,000(オーギュスト プレゼンテーション/エフアイティーwww.auguste-presentation.com/)パンツ¥4,900(センスオブプレイス/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店TEL:03・6433・5548) めがね¥25,000(バディオプティカル/ハウス/バディオプティカルTEL:06・6147・8834)

黒川伊保子さん 脳科学コメンテーター、「感性リサーチ」代表。人工知能の研究に従事したのち、世界初の語感分析法を開発。『女は覚悟を決めなさい』(ポプラ社)、『恋愛脳』(新潮文庫)など、著書多数。

※『anan』2017年3月1日号より。写真・倭田宏樹(TRON) スタイリスト・武政 ヘア&メイク・浜田あゆみ(MELANGE) モデル・遠藤新菜 HAL 文・板倉ミキコ

(by anan編集部)

【人気記事】
結婚と何が違う? “事実婚”の真実!
坂口健太郎が女子中学生から受けた指摘とは? 意外な事実発見…
“嫌婚”だけど好きな人と一緒にいたい…変わりゆく結婚観