アンアンからニュースを配信します!

川口春奈、山崎賢人と見つめ合い「リアル照れ顔」披露

2017.2.19
恋愛とはまた違う、男女の素敵な関係を描いた映画『一週間フレンズ。』。
映画

「自分で言うのもなんですが、完成作を観てめちゃくちゃ泣いちゃって。香織が抱えた闇の深さや祐樹の健気な姿が心に沁みたり、四季を追った景色がキレイだったり、撮影中のいろんな思いも蘇ってきて…」

感慨深そうにそう語った川口春奈さん。山崎賢人さんとのダブル主演映画『一週間フレンズ。』では、一週間しか記憶が持たない難病を抱えた、高校生の藤宮香織を演じている。

「記憶がなくなっては新しく思い出を作り、でも月曜日が来るとまた忘れちゃう香織。だから新しく友達を作らなくなってしまうんですが、そんな彼女の痛みを理解して演じるのは大変だったし、記憶を何度もなくしながらも、でも少しずつ心を開き変わっていく、そのわずかな表情の変化は一番難しかったですね」

そんな香織を好きになり、記憶がなくなる毎週月曜日に「俺と友達になってください」と何度も申し込む、同級生の長谷(はせ)祐樹(山崎賢人)。香織に忘れられてもあきらめずに関係を築こうとする祐樹は、交換日記をやり取りしたり、夏祭りに誘ったり、文化祭でハプニングを起こしたりと、思い出を積み重ねようとする。

「思春期なら誰にでも経験がありそうな胸キュンのシチュエーションは、年代を超えて胸に刺さると思います。演じていて、私が一番ドギマギして印象に残ったのは、下駄箱で祐樹に交換日記を渡すシーン。みんなに見つからないように陰に2人で隠れるっていう短いシーンなんですが、撮影したのは実はクランクインの日で、お互いまだ緊張感しかなくて。セリフもなくただ見つめ合うだけで、顔が真っ赤になるのがわかりました。完成作を観たら、その雰囲気がリアルに映し出されていて、うわーっ! って(笑)」

映画

祐樹のように「友達になってください」というような直接的なセリフを実際に言ったことは? とたずねると「ありますよ!」と即答。

「ごはんを食べていた時、隣に座っていた人と話したら、ヘアメイクをされている方だったんです。初対面なのに『名刺ください』って声をかけました。それ以来、その方がヘアメイクを担当してくれたりしています。人見知りだけど、人が好きなんです、私。だからこの人のこと知りたいとか、この人といるとハッピーでいられるとか、成長できそうだって思うと、逃したくないんです」

意外にも積極的な川口さん! だからこそ、祐樹がめげずに香織を追い続ける気持ちがわかるのだそう。

「祐樹が香織に惹かれたのは、きっと何らかの直感があったんだろうと思う。そういうの、私にもあるからわかります。放っておけないし、頼りにしてほしいしされたいし。そして、そこまで人を思える心って美しいなって思います。だからこの作品は、単なるラブストーリーというよりも、友情をも超えた、もっとすごく深くて素敵な関係を描いた作品だと思っています」

このあと、800人を招いての初の一般完成披露試写ですね、と伝えると「800人!? みんなの反応がすごく気になる!」と川口さん。「後ろでこっそり観ようかな(笑)」

かわぐち・はるな 女優、ファッションモデル。1995年生まれ。ドラマ『東京DOGS』で俳優デビュー。出演作はドラマ『Chef~三ツ星の給食~』、映画『好きっていいなよ。』ほか多数。

原作/葉月抹茶『一週間フレンズ。』(ガンガンコミックスJOKER/スクウェア・エニックス) 監督/村上正典 出演/川口春奈、山崎賢人、松尾太陽、上杉柊平、高橋春織ほか 2月18日より全国公開。(C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

※『anan』2017年2月22日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・山本隆司 ヘア&メイク・板倉タクマ(nude.) インタビュー、文・若山あや

(by anan編集部)

【人気記事】
乙女の恥じらいは捨てるべし! もしもの時の優先順位とは?
もしも就寝中に地震がきたら? 無事の確率を上げる二つのポイント
ごぼう1本使った“食物繊維”鍋でデトックス♪ 冬の定番「太らない鍋」