アンアンからニュースを配信します!

大地震! もしも就寝中に起こったら? 自分を守る行動2つ

2018.6.18
グラリときたら? おさまったら? 2ステップで覚えたい安全対策。

大きな揺れがきたら、思わずフリーズしてしまいそう! だけど最低限、揺れたときとその後の行動は覚えておきたい。「一般社団法人 防災ガール」代表理事の田中美咲さんと、危機管理アドバイザーの国崎信江さんにお話を聞きました。

地震

安全第一の行動ができる、“スキなし女子” を目指して。

「揺れている間は、まず頭と体を守ります。すぐ逃げようとすると、転んでケガをする恐れも。揺れがおさまってから、安全な場所を確認して避難しましょう。このふたつを押さえられれば、無事でいる確率は上がるはず」(田中さん)

さらに物理的&心理的な事前準備をしておけば、よりスムーズな避難ができるように。

「家具を固定したり、非常用品を備えておくのは当たり前。災害に対する心構えも必要です。どのスペースが安全か、どこに非常口があるのか、常に探すクセをつけるとよいですよ。さらに、自分の家やオフィスの耐震強度は必ず調べておくこと。強度が低いのに中でぐずぐずしていたら、建物に押しつぶされます。強度が高ければ慌てて逃げる必要がなくなり、外で落下物にぶつかる恐れが低くなります」(国崎さん)

では、寝ているときに地震が起きたら? 自分を守る行動について教えてもらいました。

揺れたときは、布団をかぶってじっと待つ。

揺れている間に起き出そうとすると、ベッドから転げ落ちたり落下物でケガをする恐れが。揺れがおさまるまでは、布団を頭からかぶって無事を祈るべし。「揺れている間は、できることがほぼありません。物がぶつかる衝撃を少しでも軽減するために、布団をかぶります」(国崎さん)

おさまったら外へ出られるように準備を。

「床に散ったガラスなどを踏まないようスリッパを履き、外へ避難する動線を確保。停電で真っ暗なときは、スマホ画面の灯りを頼りに動くとよいでしょう。テレビやラジオで避難指示などが出ていれば、速やかに従って」(田中さん)。すっぴんを気にする猶予はナシ。そのままGO!

田中美咲さん 「一般社団法人 防災ガール」代表理事。“防災をこれからのフェーズへ”をモットーに全国の仲間と活動。http://bosai-girl.com/

国崎信江さん 危機管理アドバイザー。「危機管理教育研究所」代表。女性の視点で防災・防犯対策を提唱。防災にまつわる著書も多数。

※『anan』2017年2月8日号より。イラスト・深川 優 文・風間裕美子

(by anan編集部)